【プレバト】水彩画の才能査定ランキング!岩永徹也!白い花を描く時のポイント

2018年3月29日放送の「プレバト」

野村重存先生の
水彩画の才能査定ランキングを紹介!

スポンサードリンク

水彩画の才能査定ランキング

野村重存先生の査定ポイント

①切り取り方→10点

②正しい描写→10点

③明暗→10点

30点満点で採点。


【2位:岩永徹也】
描いたのは文京区にある根津神社。
タイトルは「神の通り道」

野村重存先生の査定は
才能アリ26点。

葉っぱが整列しすぎているということで
少し減点。

自然物をかくときはランダムな筆遣いが重要。



【3位:堀江聖夏】

過去の放送を見てしっかり予習。

描いたのは葛西臨海公園。

タイトルは「はかない水仙」

スポンサードリンク

野村重存先生の査定は凡人23点。

主役の水仙の花がていねいに描かれていない
ということで大きく減点。

野村重存先生がお手本を披露。

白い花は白色を塗るのではなく、
画用紙の白を生かすのがポイント。

花びらは薄く影をつけるだけで
立体的な白い花をかくことができる。

野村重存先生の絵



【最下位:加藤登紀子】

描いたのは千代田区にあるニコライ堂。

タイトルは「ハルビンの唄が聞こえる」

野村重存先生の査定は
才能ナシの15点。

角度がバラバラでバランスが
崩れているため大きく減点。



【1位:小倉久寛】

描いたのは中央区にある「勝どきマリーナ」。

タイトルは「下町のベニス」

野村重存先生の査定は
才能ありの28点。

あえてフリーハンドで描いたことで
まるで人がいるのように
生き生きとして見えると高評価だったのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ