【ガッテン】寝たきり予防法は人とのつながり!チェックシートも

老夫婦、病気、介護

2018年6月6日放送の「ガッテン」は
「筋肉&血管を強くする!
世界が証明した究極の寝たきり予防法」

スポンサードリンク

健康寿命を延ばすためには?

実は健康寿命を延ばすために
最も効果的だとと研究発表されているのは、
禁煙よりも、運動よりも、肥満解消よりも、
「人とのつながりを作ること」。

人とのつながりが少ないことは、
心臓病や認知症、筋力低下を
引き起こし、結果として
「早死にリスクが50%高くなる」という
アメリカの調査結果が発表されるなど、
体の衰えを加速させる最大の要因と
わかってきました。

人に親切にする

カリフォルニア大学のスティーブ・コール教授は
グループごとに
「人に親切にする」
「世の中に役立つことをする」
「自分が嬉しいことをする」
を1か月間継続してもらいました。

「人に親切にする」というのは、例えば
重い荷物をもっていたおばあさんの荷物を持ってあげた
クッキーを焼いたときに人にプレゼントした
など人に親切な鼓動を1日3回してもらったのです。

1か月後、血液を調べると「人に親切にする」の
グループの血液にだけ驚きの変化が現れていました。

それは免疫細胞からは炎症を引き起こす物質が
減っていたのです。

炎症が長期にわたると筋繊維が萎縮し全身が衰えていく。
それは非常に危険事で様々な病気へとつながっていく
といいます。

なぜ人に親切にするとよい?

なぜ人に親切にすると炎症や遺伝子の働きに
良い変化が現れるのか。

スティーブ・コール教授によると
人類が生き残ってこれたのは
群れをつくり助けあってきたため。

親切にすることはより多くの人と助け合う
グループを作るための有効な手段。

人間にとって仲間との協調性を失うことは
命の危険を意味します。

スポンサードリンク

すると体が緊急事態を察知して
炎症モードに入るのだそうです。

人は親切をすることに喜びを感じ
体も良い反応するようプログラムされている
といいます。

寝たきりの危険度

日本でも寝たきりの危険度を調べました。

この研究は千葉・柏市に住んでいる高齢者
5万人の調査で明らかになった危険度。

①運動なし人とのつながりなし
②運動だけあり
③つながりだけあり
④運動あり、つながりあり

④の運動あり、つながりありのグループが
最も危険度が低く、上にいくにつれ危険度が
高くなっていました。

今、人とのつながりは世界的に大
問題になっているとのこと。

日本でも人とのつながりを調べることで
寝たきり予防につなげようという取り組みが
始まっているそうです。

全世界でやられている実験の結果を全部集めて、
対象者が約30万人のデータベースを再解析しました。

【長生きの影響度】
①人とのつながりがある
②禁煙
③お酒を飲みすぎない
④運動
⑤肥満予防

上に行くほど影響度が高くなります。

肥満解消、運動、禁煙よりも「人とのつながり」が
長生きへの影響力が高いのです。

東京大学飯島勝矢教授が考案した
「人とのつながりチェックシート」があります。

自分のつながり度合いを知るための
一つの目安として活用してみてください。

人とのつながり

人とのつながりって
なにから始めたらいいかわからない
という人もいると思います。

番組によると
週に1回以上同居の家族以外の人と外で会う
くらいでもo.kなのだそうです。

週に1回以上家族以外の人と外であうと
体の機能が衰えにくいことが多くの調査から
分かっているそうです。

また、多くの自治体でも取り組みを行っているので、
お近くの地域包括支援センターなどを活用することも
お勧めです。



人とのつながりチェックシートはこちら↓
人とのつながりチェックシート

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ