【あさイチ】マスクの正しいつけ方・選び方!進化したマスク

 マスクの女性

2017年2月8日放送のNHK「あさイチ」で
「マスク最前線」がとりあげられました。

進化した様々なマスクや
マスクの正しいつけ方を紹介!

スポンサードリンク

進化した様々なマスク

進化した様々なマスクが売られていて
今市場に出回っているマスクは400種類ほどあるそうです。

でも、たくさんあると自分に合ったマスクを選ぶのに
迷ってしまいますよね。。

そんなマスクの選び方を教えてくれたのは
医療や工事の現場で使うマスクを研究している、
飯田祐貴子さんです。
 
自分に合ったマスクを選ぶには?
まず使う目的をはっきりさせるのが
大事だといいます。
 
 
マスクは大きく3つに分けられます。
 
【1.高性能タイプ】
高いフィルター性能と顔との間に
隙間ができにくい形が特徴。

花粉やウィルスを防ぎたいという人に
おススメです。


 

【2.付加価値タイプ】
加湿成分や香り成分が追加されていて、
肌触りを追及しています。

快適さや癒やしを求める人向けで、
夜寝る時に付けたいという人にもおすすめ。

中にはマスクの内側に水分を含んだ
フィルターが付いている物も。

加湿器を口の周りだけにつけるような
感覚なのだそうです。
 



【3.見た目重視タイプ】
マスクをつけていてもかわいくいたい
という女性におすすめ。

スポンサードリンク

メイクがつきにくい加工で、
あごのラインが丸くなっていて
小顔効果のある形のものも。
 
この見た目重視タイプのマスクは
更なる進化を遂げています。
 

岐阜県のメーカーを訪ねます。

ファッション性に特化した
進化系マスクを作っています。

 
柄やバリエーションは200種類以上。
外側は綿、内側はタオル地で
できています。
 
人気の秘密は様々なシチュエーションに合わせて
コーディネートできること。


気軽なおでかけにはカラフルなマスク。


 


特別な日にはレースやアクセサリーがついた
エレガントなマスク。
 




子供もこれなら楽しんで
つけてくれるかもしれません。


 



マスクの正しいつけ方

マスクは何気なくつけますが、
正しいつけ方があるそうです。

 
鼻とのすき間はもちろん、
アゴとマスクの隙間があいていると
ウィルスが入ってくる可能性があります。

【専門家直伝!の正しいつけ方】
 
 
1.表裏を確認する。
上と下を持って引っ張ると
自然におわん型になります。
おわん型になった方が顔を入れる側。
 
2.半分に折る。
きちんと半分になっていないと
端が余って隙間ができてしまいます。
 
3.つけるときはマスクを目の際まで上げる。
下の方だと鼻が高いため隙間ができやすい。
 
4.鼻の部分を押さえながら
下の部分をあごまで引っ張る。
 
5.マスク全体を顔に沿ってなで
形をなじませる。
 
6.最後に数回息をする。
息をした時にマスクがペコペコしていれば
隙間なくつけられています。


感想

マスクはとくに深く考えずにつけていました。

種類もたくさんあるんですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ