【あさチャン】村上祥子のくろたまジャムの作り方レシピ!体質改善&減塩&時短

マヨネーズ、調味料

2017年4月26日放送の「あさチャン」で
「くろたまジャム」がとりあげられました。

スプーン1杯で体質改善につながるという
村上祥子さんの魔法のジャム「くろたまジャム」
のレシピを紹介!

スポンサードリンク

くろたまジャム

くろたまジャムを考えたのは
料理研究家で福岡女子大学客員教授の村上祥子さん。

以前も
「にんにく」+「たまねぎ」で作る「にんたまジャム」、
「生姜(ジンジャー)」+「たまねぎ」で作る「じんたまジャム」
を生み出しました。

そして今回はニンニクや生姜を使わない
万能調味料「くろたまジャム」を紹介。

料理にちょい足しするだけでコクとうまみがアップ。

旨味が強いので、減塩に。

しかも冷え性や便秘改善などさまざまな体質改善の
期待もできる魔法のジャムなのだそうです。



くろたまジャムの作り方

くろたまジャム

【くろたまジャムのレシピ】

『材料』
たまねぎ→ 大きめ1個(250g相当)

黒砂糖→ 60g

黒酢→ 大さじ2

(出来上りは140g=100mlの瓶1個分)

『作り方』
1. たまねぎは四つに切って耐熱ボウルに入れ、
両端を少し開けた状態でラップして
電子レンジ600Wで5分加熱する。(500Wなら5分)

2. ミキサーに①のたまねぎ、たまねぎから出た汁も移し、
黒砂糖、黒酢を加え、ピューレ状になるまで混ぜる。

※玉ねぎに黒砂糖と黒酢を加えることで
コクと風味が生まれる

3.②を 耐熱ボウルに移し、ラップをしないで
電子レンジ600Wで10分加熱する。(500Wなら12分)

※玉ネギは1/4程度まで煮詰まります。

4. きちんと乾燥させた密閉容器(ジャム瓶など)に
③を熱々の状態で詰めればできあがり!

※熱いうちに密閉容器に詰める

※お酢の酸味が苦手な方は、
さらに5分ほど加熱するとよいそうです。

※1日の摂取量の目安は大さじ1~3杯程度。
食べ過ぎるとお腹がゆるくなることも


スポンサードリンク



くろたまジャムのアレンジ

【くろたまジャムのドレッシングのレシピ】
 
『材料』
くろたまジャム→大さじ1

オリーブオイル→大さじ1

酢→大さじ1

塩、コショウ→適量

『作り方』
くろたまジャム・オリーブオイル・酢を
1:1:1の割合で入れて混ぜ、
塩コショウで味を整えれば
くろたまドレッシングのできあがり!

サラダやお魚のカルパッチョなどに


【鶏の唐揚げのレシピ】

『材料』
鶏もも肉→200g

くろたまジャム→大さじ1

塩→小さじ1/3

『作り方』
鶏もも肉にくろたまジャム、塩で
下味を付けて揚げればできあがり!

普段の半分の塩分ですみます。

【くろたまスムージーのレシピ】
 
『材料』
くろたまジャム→ 大さじ1

小松菜→ 50g

バナナ→ 50g

牛乳→ 100ml

『作り方』
1.材料を全てミキサーに入れて、
攪拌すればできあがり!



くろたまジャムちょい足しの使い方

【ハンバーグ】
ハンバーグのたねに入れる
炒めた玉ねぎを入れなくていいので時短に。

旨味もアップします。

【味噌汁】
だしのかわりに入れ、味噌の量を1/3量に。
減塩にもなります。

【カレー】
カレールーをいつもの半分にして
くろたまジャムを加える。

減塩とうまみもアップ!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ