【相葉マナブ】とうもろこしのレシピ!とうもろこしご飯・かき揚げ

トウモロコシ料理

2017年7月9日放送の「相葉マナブ」で「マナブ!旬の産地ごはん」は
「とうもろこし」。

千葉県木更津市の絶品とうもろこしレシピ。


ここではトウモロコシのかき揚げと
トウモロコシご飯を紹介!

スポンサードリンク

木更津市のとうもろこし

今年から木更津市で本格的に栽培されている
ゴールデンタイムは大ぶりで甘みが強いのが特徴。

木更津市のとうもろこしが美味しい秘密は
田んぼにあるとのこと。

田んぼの用水路を利用するので、必要な時に水を供給でき
甘みの増したみずみずしいとうもろこしが育ちます。

とうもろこしの産地で美味しさを知り尽くした
料理の達人3人が教える絶品とうもろこしの産地ごはん。

ここではとうもろこしのお嫁さんで
家庭料理の達人、渡邉綾子さんのレシピ。



トウモロコシ料理



とうもろこしのかき揚げのレシピ

【とうもろこしのかき揚げ・ヒゲの素揚げのレシピ】

『材料』(4人分)

(かき揚げ) 
とうもろこし→1本
小麦粉→小さじ2
 
(衣)
天ぷら粉→20g
水→大さじ2
 
(ヒゲの素揚げ)
とうもろこしのヒゲ→2本分
揚げ油→適量

『作り方』
1.とうもろこしの皮をむき、
ヒゲは茶色い部分を切っておく。

2.包丁で粒を縦に削りとる。

3.ボウルに天ぷら粉と水を混ぜ合わせ、衣を作る。
※天ぷら粉を少なめに少なめにすることで
とうもろこしの風味を出す。
 

4.ボウルにとうもろこしを入れ、小麦粉をまぶし、
2の衣を少しずつ入れて混ぜる。

5.160℃~170℃に熱した油へ3のタネをスプーンを
使って静かに落とし、3分ほど揚げる。

6.ヒゲも2~3分薄く色づくまで揚げ、
ほぐしながらしっかり油を切ってできあがり!


スポンサードリンク



とうもろこしご飯のレシピ

【とうもろこしご飯のレシピ】

『材料』(4人分)
とうもろこし→1本

玉ねぎ→1/4個

バター→10g

米→2合

昆布出汁→300ml

白しょう油→大さじ2

みりん→大さじ2

『作り方』
1.米はといで水を切り、30分程おいておく。

2.フライパンにバターを溶かし、
みじん切りに切った玉ねぎを炒める。
※玉ねぎがトウモロコシの甘みをさらに引き立てる

3.土鍋に米と昆布出汁、白しょう油、みりんを加え、
ひと混ぜしたら、炒めた玉ねぎ、とうもろこしをのせて
表面を平らにして中火にかける。
※とうもろこしの甘みを生かすためみりんは少なめに

4.沸騰したら弱火にして約12分炊き、
火を止めて10分蒸らせばできあがり!

※だしに昆布、しょう油は白しょう油を使う事で、
炊いた時にお米が茶色くならずに、
白く炊けてとうもろこしの色味が鮮やかに見える。



この日のとうもろこしレシピ↓
【相葉マナブ】とうもろこしのレシピ!あんかけチャーハンと豆腐

【相葉マナブ】とうもろこしのレシピ!コーンクリームコロッケとパスタ

【相葉マナブ】とうもろこしのレシピ!とうもろこしご飯・かき揚げ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ