【がっちりマンデー】花畑牧場の今!倒産どころか戦略だった!モッツァレラも

チーズ

2017年7月23日放送の「がっちりマンデー!!」は
「あの店は今」どうなっているのか?驚きの現在が!

その中の花畑牧場について紹介!

スポンサードリンク

大ヒットした花畑牧場

生キャラメルが爆発的な大ヒットした花畑牧場。
タレントの田中義剛さんが社長を務めていたことでも
話題になりました。

一大ブームを巻き起こしたのは
今からちょうど10年前の2007年。

手作りにこだわった花畑牧場の生キャラメルは
とろけるような食感が人気を呼んで大ブレイク。

当時お店にはつねに長蛇の列ができ
2時間、3時間待ちは当たり前、もはや社会現象に。

田中義剛さんも一躍時の人になりました。
でも、最近生キャラメルってあまり聞かない。

それどころかお店も見かけないような。
大ブームから10年経った今、
花畑牧場はどうなっているのか?

やって来たのは北海道帯広市。
するとヒツジに餌をあげている人物が。

田中義剛さんでした。
以前と変わらずお元気そうです。

肝心の花畑牧場は
以前よりも規模が大きくなっていました。

生キャラメルも種類が増えていました。

発売当時1種類しかなかった生キャラメルですが、
現在は10種類まで増え限定商品も発売しています。

生キャラメルの販売数は月に30万箱。

最近、名前を聞かないので
縮小しているのかなと思いきや

あえてメディアに出ない。
メディアに出なくても売れる商品を作ろう
という戦略なのだそうです。

今の方が安定してやっているとのこと。

実は花畑牧場の噂を聞かなかったのは
消えたのではなく戦略でした。

商品の多様化

そこには生キャラメルブームから
義剛さんが学んだ大きな教訓がありました。

田中義剛さん「スイーツってアイドルなんですね。
入学して、すぐ卒業。
アイドルだけだと会社としては無理だなと。
こっちがダメでもこっちみたいな
多様化していくって決めたんですね。 」

商品の多様化を図ったのです。

スイーツ以外の商品を扱うことで売上が安定し、
会社はその方が儲かることに気付いたそうです。

スイーツ以外にチーズ、お菓子、豚肉の加工品と
実に幅広いラインナップ。

スポンサードリンク

花畑牧場の秘密は徹底した手作り

しかし何故、花畑牧場は次々と
ヒット商品を生み出せるのか?

その秘密はチーズ工場にあるそうです。

普通は機械で全部やるのですが、
花畑牧場は手作りなので、
チーズのその日の状態を見ながら
上手くかき混ぜたりしているそうです。

10年前に大ヒットした生キャラメルも
手作りが売りでした。

あの時から鍛え抜かれたスキルの高い
手作りスタッフが今もいっぱいいるから
いろんなものが作れるのだそうです。

例えば、一口サイズのモッツァレラ(ポッコンチーニ)、
切れてるモッツァレラ、 は日本で初めてです。




一口サイズのカマンベールも
大好評とのこと。

色んな種類のチーズを作っています。
これが大手にはなかなかできない。

なぜなら 大手はラインで全部やるので
小回りが利かない。

手作りがメインだからこそいろんな
新商品が開発できます。


業務用がすごい

そして今、花畑牧場にとって
最大の儲かりビジネスがあるとのこと。

それは業務用のチーズ。
一番量が出て安定するのが業務用なのだそうです。
大ヒットして月で15トンくらい出ているそうです。

例えば外食チェーンしゃぶしゃぶ「温野菜」の
鍋に入れるチーズは花畑牧場が作っています。

他にもデニーズのパスタのチーズ、
俺のイタリアンの生クリームの入った幻のチーズなど
食材を全国6000店舗に卸しているそうです。

業務用から要望がきているのは
今、アルバイトが多いので
包丁を使わなくてもできるチーズを作ってくれ
というもの。
細かい企業のニーズに応えられるというのが
機械じゃないからできるとのこと。

もちろん作っているのはチーズだけではありません。
タルトも。

ローソンのタルトは全部、
花畑牧場が作っているそうです。

なんとコンビニスイーツも手掛けていました。
全国のローソン1万2000店舗のタルトを
全て花畑牧場で作っているそうでです。

消えるどころか、勢いが止まらない
花畑牧場でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ