【まる得マガジン】豆腐活用術④する!ふわふわ豆腐&はんぺん豆腐のレシピ!江戸グルメ本

はんぺん豆腐

2017年10月19日放送の「まる得マガジン」は
「江戸グルメ本に学べ!ヘルシー豆腐活用術」。

4回目「すってふわふわ豆腐」
ふわふわ豆腐&はんぺん豆腐のレシピ!

スポンサードリンク

江戸グルメ本に学べ!ヘルシー豆腐活用術

ヘルシー食品として世界でも注目を集めている豆腐。

「同じようなレシピで飽きてしまう」。

そんな悩みをお持ちの方におすすめなのが
江戸時代一世を風靡したグルメ本「豆腐百珍」。

江戸時代の本ではないですが↓

豆腐を使った料理がなんと
100品も紹介されています。

そのレシピを調理法別に抜粋し
伝承料理研究家の奥村虎生さんが
アレンジした現代版「豆腐百珍」の
レシピを紹介します。



テーマ:する

ふわふわ豆腐のレシピ】

豆腐と卵をすり合わせ
ふわふわに煮た料理です。

当時は贅沢品だった卵を
豆腐でかさ増しした
いわゆる節約料理です。

『材料』
木綿豆腐→1/2丁(175g)

卵→2個

トマト→1/2個

だし→180ml

(A)
薄口しょうゆ→小さじ2
みりん→小さじ1
こしょう→少々



みつ葉→2~3本

焼きのり(小・ちぎる)→1袋

『作り方』
1.木綿豆腐をさらしの布巾に包んで絞り
ギュッとしっかりと水きりする。
※豆腐の水分が少なくなると
大豆本来の味が生きてきます。

2.フードプロセッサーかミキサーで
豆腐と卵をなめらかになるまで撹拌する。
※すり鉢を使うとよりなめらかになります。

3.鍋にだし、(A)、角切りにしたトマトを
入れ強火で煮立たせる。

トマトが入るのは奥村流。
酸味が加わり味が引き締まります。

4.③に②を入れ、みつばと焼きのりを加える。

5.④を泡立て器でゆっくりと混ぜて
ふわふわの状態にする。

6.再び煮立ってきたら火を止め
ふたをして30秒間蒸らす。

ふわっふわの食感が魅力の豆腐料理のできあがり!

スポンサードリンク

奥村流はさまざまなうまみが加わり
奥行きのある味に仕上がりました。



【はんぺん豆腐のレシピ】

豆腐と長芋をすり混ぜて
湯煎したはんぺん豆腐です。

はんぺん豆腐

『材料』(2人分)
木綿豆腐→1/2丁(175g)

長芋→賞味70g

砂糖→小さじ1

塩→小さじ1/4

からし明太子→30g(1/2腹)

みつば(みじん切り)→3本

きくらげ(戻す/みじん切り)→小さじ1

サラダ油→適量

『作り方』
1.さらしの布巾で包み
ギュッと絞った木綿豆腐と
長芋、砂糖、塩を
フードプロセッサーかミキサーに
入れてなめらかにする。

2.①をボウルに移し
からし明太子、みつば、きくらげを
加えて混ぜる。

からし明太子とみつばは彩り
きくらげは食感のアクセントになります。

3.②の具を薄くサラダ油を塗った耐熱皿に入れ
蒸し器で弱火で7~9分間蒸す。

4.蒸し終わったらラップに包んで
絞り、茶巾にする。

5.④を氷水か冷蔵庫で冷やしたらできあがり!

はんぺんよりも淡泊で
ふんわりとした食感。

湯煎ではなく蒸す事で
大豆本来のうまみが味わえます。



豆腐をする料理は他にも
豆腐とえびをすり混ぜて炒めた
「えび豆腐」があります。

奥村流は砂糖、みりん、うす口しょうゆなどで
ほんのり甘く味つけしました。

ご飯との相性も抜群です。

ごまだけじゃなく豆腐も
すった方がうまくなります。

豆腐をすると大豆の脂肪が分解されて
味が濃厚になります。



江戸グルメ本豆腐活用術のレシピ↓
【まる得マガジン】豆腐活用術①焼いてたまご田楽&再炙田楽のレシピ!江戸グルメ本

【まる得マガジン】豆腐活用術②炒めて雷豆腐&豆腐麺のレシピ!江戸グルメ本

【まる得マガジン】豆腐活用術③煮る!なじみ豆腐&砂金豆腐のレシピ!江戸グルメ本

【まる得マガジン】豆腐活用術④する!ふわふわ豆腐&はんぺん豆腐のレシピ!江戸グルメ本

【まる得マガジン】豆腐活用術⑤揚げる!たたき豆腐&の真のケンチェンのレシピ!江戸グルメ本

【まる得マガジン】豆腐活用術⑥蒸す!つと豆腐&鶏卵豆腐のレシピ!江戸グルメ本

【まる得マガジン】豆腐活用術⑦保存!凍豆腐&おし豆腐&味噌漬豆腐のレシピ!

【まる得マガジン】豆腐活用術⑧形楽しむ!あられ豆腐&線麺豆腐のレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ