【マツコの知らない世界】地元パン!バラパン、ポテチパン、ネギパン、学生調理ほか

塩パン

2017年11月21日放送の「マツコの知らない世界」中の
「マツコの知らない 地元パンの世界」。

スポンサードリンク

マツコの知らない世界

全国500種類の地元パンを食べ歩いた女性、
甲斐みのりさんが紹介。

甲斐さんによると、地元パンの定義は、
戦後すぐに創業したパン屋が長年作り続けているパン。



【木村屋ベーカリーの「カステラパン」】
マツコさんの地元、
千葉県の地元パン。

リンゴとイチゴジャムが入っていている
カステラパンは千葉独特のものだそうです。



【マロンドの「やぶれあんぱん」】
千葉県だけに11店舗あるパン店。

薄い生地にあんこが
通常の4倍入っています。



【山口製菓舗の「サンオレ」】
千葉県銚子市にある地元パンです。

卵が不ぞろいに刻まれて真ん中に入っているので
独特の食感を味わえます。



【あるたけや製パンの「学生調理」】
秋田県秋田市のご当地パンです。

学校の購買部でテスト販売したところ
大人気だったため商品化されました。

ナポリタン、キャベツサラダ
魚肉ソーセージのフライと
学生が好きなものが入っています。



【静岡県の「のっぽパン」】
甲斐さんが小学生のころに食べていたパン。
一度は販売中止となったが、ファンの要望で復活。

クリーム、チョコ、ストロベリー味もあります。



【東京堂パン国分店の「ホットドッグ」】
福岡・久留米市の地元パン。

キャベツのマヨネーズ合えと
プレスハムを挟んだ総菜パン。

試食したマツコさんは
「おいしい。食べたことないのに懐かしい」
といいます。

パンの創業者が、アメリカにホットドッグという
パンがあるという噂を聞き、
「暑がりの犬」のようなパンを
イメージして作られたそうです。



スポンサードリンク



【高岡製パン工場の「ネギパン」】
熊本市の地元パン。

柔らかな食感の生地に熊本産の葉ネギを
練り込んでいます。

パンの中にはネギと鰹節、
ソースで味付けしてお好み焼き風味に
なっています。

ネギパンは、「ネギが嫌いな友達のために
ネギが入っていると気づかないパンを作ってほしい」
という学生からのリクエストを受け、
誕生しました。



【なんぽうパンの「バラパン」】
島根県出雲市の地元パン。

花が好きな職人がバラの美しさに感動し、
花びらの美しさを再現しようと作ったそうです。

繊細な美しさを表現するため、
手作業でしか作れない。



【メロンパンの「平和パン」】
広島県呉市の地元パン。

長崎のカステラと広島のパンを
合わせています。



【イケダパンの「シンコム3号」】
鹿児島・姶良市の地元パン。

昭和39年世界初の静止衛星が打ち上げられたことに
感動して開発されたパンです。



【ぐしけんのる「なかよしパン」】

沖縄・うるま市の地元パン。

戦争体験をした創業者の考えで、
戦争から無事に「帰る」願いを「カエル」の
イラストで表現している。


【牛乳パン】
長野県の牛乳パン。

様々なパン屋さんが牛乳パンを作っているが、
乳白色の袋に青い文字とパッケージが
全て似ています。

【ワカフジベーカリーの「ポテチパン」】
神奈川県横須賀市の地元パン。

「ポテチパン」ができたのは、
大量にポテトチップスを余らせたお菓子問屋さんが、
もったいないので何かに使えないかと
ワカフジベーカリーに相談したのがきっかけ。

そこでパンにはさんでみたところ大評判に。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ