【得する人損する人】変色バナナで本格レアチーズケーキに

得ワザレアチーズケーキ

2016年6月16日に放送された「あのニュースで得する人損する人」の
坂上忍の『得ワザ?損ワザ?の紹介!

変色バナナを使って本格レアチーズケーキに!

スポンサードリンク

変色バナナで本格レアチーズケーキ

砂糖もゼラチンも使わず
変色し始めたバナナを使えばレアチーズケーキが作れる

変色し始めたバナナを使えば、絶品スイーツができるテクニック!


【本格レアチーズケーキのレシピ】

得ワザレアチーズケーキ

『本格レアチーズケーキの材料』

バナナ→1本

牛乳→100ml

クリームチーズ→100g

レモン汁→大さじ1

ミント→少々

スポンサードリンク

『本格レアチーズケーキの作り方』

1.バナナの皮をむく。

2.皮をむいたバナナを耐熱ボウルに入れ、
500Wの電子レンジで2分30秒加熱する。

3.完全に溶けて形が崩れたバナナをミキサーに入れ、
さらに、牛乳100ml、クリームチーズ100g、絞ったレモン汁を大さじ1加える。
ミキサーにおよそ30秒かける。

4.容器に移し替え、冷蔵庫で2時間冷やしたらできあがり!

バナナだけでレアチーズケーキが作れる理由

専門家によると…
バナナにはペクチンと呼ばれる食物繊維の一種が含まれています。

そのペクチンと牛乳とチーズに含まれるカルシウムが結合して
固まった。

ペクチンはカルシウムに触れると結合して
ゼリー状に固まる性質があるのです。

なので、しっとりなめらかに仕上がったのです。

また、バナナは熟度が進むとペクチンが増えます。
それが変色し始めたバナナを使った理由。

ゼラチンを使わずに固めるには、
大量のペクチンが必要になります。

しかし、黒い斑点が全体に広がるくらいに変色し始めた時、
ペクチンの量がもっとも多くなるとのこと。

さらに、電子レンジでバナナを温めることで細胞がやわらかくなり、
より多くのペクチンが溶けだすため、
しっとりなめらかに固まるのだそうです。

砂糖が必要ないのは、バナナに含まれる糖分に“ショ糖”という、
濃厚な甘みを持つものが入っているため、
レアチーズケーキ作りにはピッタリなのです。

【坂上ジャッジ】
得ワザ!
これ今までのデザート編の中でもかなり上位だと思う!
とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ