【林修の今でしょ!講座】臓器別ダイエット!腸腰筋を鍛えるゾンビ座り体操など

臓器別ダイエット

2016年6月21日放送の「林修の今でしょ!講座」は
夏までに痩せたい!最新のダイエット法! 「脳」「胃」「腸」「胆のう」
の「臓器別ダイエット講座!」

-15kgやせた池谷敏郎先生が、4つの臓器の力に注目し
簡単に痩せるダイエット術を教えます!
ここでは「脳」「胃」「腸」を解説。

くびれを作る腸腰筋を鍛えるゾンビ座りと
5秒足踏みの体操の方法も紹介!

スポンサードリンク

臓器別ダイエットとは?

今日から簡単にスタートできるダイエット法が続々!
胃(食欲を左右するホルモン)
脳(リバウンドをするか決める)
腸(脂肪を燃焼させる)
胆のう(ある成分を作って脂肪燃焼を指示)

4つの臓器をコントロールして
痩せる体つくりの方法を
-15kgやせた池谷敏郎先生が教えてくれます。

胃でダイエット!食欲をコントロール

ある女性の太っていた時と痩せたときの写真が登場。
この女性は胃の一部を切除する手術を受けてやせました。
でもどうして切除しただけで痩せたのか?

それは食欲増進ホルモンが出なくなったから。

胃からグレリンが分泌されると
脳の摂食中枢を刺激して食欲が出る。

食欲増すホルモン
グレリンを出しにくくする方法
そのカギとなるのは睡眠時間。

睡眠時間を7~8時間が最もグレリンが
出にくい。

アメリカの研究でグレリンは
睡眠時間が短いほど増え、
睡眠4時間以下は肥満率が73%アップする
(睡眠を7~9時間に比べ)
事が明らかになったのです。


【胃のメカニズムを利用するダイエット
睡眠時間7~8時間】

脳でダイエット!リバウンドのスイッチ

脳を利用したダイエットのポイントは、
脳内のリバウンドのスイッチを押さないこと。

リバウンドの原因は
脳が倹約モードに切り替わるから。

身体にためていたエネルギー源が少なくなると
脳はこのままではエネルギーがなくなって
死んでしまうまずい、と判断して
エネルギー源が少なくて活動出来るように
体を倹約モードにするというスイッチを
入れてしまう。

人はなぜ太るのか、
100の胃に100以上の食事が加わることで
脂肪となり太ってしまう。

食事が70になると
足りないエネルギーを
体内の脂肪から補充するので
脂肪は減る。

これでやせることができるが
急に脂肪が減ると脳が倹約モードになって
リバウンドしてしまう。

倹約モードは1か月で体重の5%以上痩せると
切り替わってしまう。

例えば1ヶ月で
体重50㎏の人なら2.5㎏減量
体重60㎏の人なら3㎏減量
体重70㎏の人なら3.5㎏減量
これを超えるダイエットすると
脳が倹約モードになってしまう。

なので徐々に体重を落としていく
必要があります。

脳が倹約モードに入ると
自分に必要な容量が胃が100だったのが
70に少なくなってしまう。

前と同じように食事を減らしても70の食事をすれば
エネルギーが満たされ痩せなくなる。
という事でストックされている脂肪は
減っていかない。
これが停滞期。

また倹約モードは一度切り替わると
1ヵ月程戻らない。

スポンサードリンク

食べる量が増えたわけではなく
前の量に戻しただけでも
太ってしまう。


【脳に満腹感を与え、
リバウンドスイッチを入れない方法】

1.食事の15分前にガムをかむ
何かを噛むと約15~20分後に
ヒスタミンが分泌されて
満腹中枢を刺激する。

噛むことがポイントなので
ガムじゃなくてもスルメなどでもo.k。

2.料理を乗せるお皿を小さくする
錯視を利用した裏技。
デルブーフ錯視といい
有名な錯覚方法。

小さいお皿に食べ物をのせることによって
満腹感をアップさせるというもの。

おかずだけじゃなくてご飯も
小さいお茶碗に盛るとよい

【脳の機能を利用したダイエット
・食事の15分前にガムをかむ
・小さいお皿で満腹感アップ】

腸でダイエット!お腹をへこませる

薄着の季節になってくると
ぽっこりお腹が気になるという方も
多いのではないでしょうか。

実はそのぽっこりお腹と私たちの腸とが
深く関わっているというんです。

腸自体が前に出ることでお腹が出る

ポッコリお腹の原因は
腸を包んでいる筋肉が
緩んでしまっているため。

筋肉を鍛えればポッコリお腹は軽減できる。

女性の方が筋肉は少ないので
お腹が出やすい。

そのためには腸を包みこんでいる
くびれ筋(腸腰筋)を鍛える。

背骨と脚をつなぎ合わせている
腸腰筋を鍛えてあげる必要がある。

腸腰筋は現代人のダイエットの
鍵を握る最重要筋肉。

腸腰筋を鍛える事で
内臓を包み込み、くびれができる。

腹をへこませくびれを作るための
腸のまわりの腸腰筋を鍛える簡単な運動。

夕食の2時間後にゾンビ座り


【夕食の2時間後にゾンビ座り】

1.椅子に浅く座り足を肩幅くらいに広げる
姿勢をよくしてお腹を少しへこませる

2.背筋を伸ばし手を前にあげる

3.5秒かけて息を吐きつつ頭を下げて背中を丸める
おへそをへこませながらへそをのぞき込むような感じ

ゾンビ体操

4.戻る時は5秒かけて息を吸いながら行う

3回行いましょう。

ゆっくりやることがお腹の深部の腸腰筋を、
より刺激することができる。

もっと早くお腹をへこませたい方は
さらに5秒足踏みおすると効果的



【5秒足踏みのやり方】

1.椅子に深く座り、
背筋を伸ばしてひざを90度にする

2.お腹を少しへこませる感じで
片足を5秒かけてゆっくりあげて5秒かけておろす

空腹時にやると筋肉をエネルギーに分解して
使ってしまう可能性があるので、
食後2時間後にやるとよい。


【脳の機能を利用したダイエット
・夕食2時間後のゾンビ座り
・早くやせたい人は5秒足踏み】



感想

「胆のう」についてのダイエットは別記事にしています↓
【林修の今でしょ!講座】臓器別ダイエット!便秘解消のらっきょうスムージーの作り方

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ