ペット探偵 ジャパンロストペットレスキューの料金や依頼方法!遠藤さん【ビビット】

睡眠

2018年12月26日放送の「ビビット」のビビットプラスは
迷子のペットを探すペット探偵の捜査に密着

ジャパンロストペットレスキューの紹介!

スポンサードリンク

ジャパンロストペットレスキューに密着

小平市に事務所をかまえる
ペット探偵業者
「ジャパンロストペットレスキュー」を取材。

これまでに発見したペットの数2000匹以上。

発見率は、80%超えるとのこと。

ちなみに以来の8割がネコなのだそうです。

「天才!志村どうぶつ園」や
「所さん!大変ですよ」などにも
出ています。

イヌネコはもちろん、猛獣以外なら
どんな動物でも捜索。
依頼は電話やメールで受付します。

この日の依頼は、ネコの次郎ちゃん。
次郎ちゃんは、失踪からすでに
4日経っていて、シンガプーラという種類。

シンガプーラは寒さが苦手。

事務所代表の遠藤さんが
飼い主のもとへ向かいます。

まずは、40項目聞き取りからはじめた。
体の特徴・食べ物・過去の経験など
細かなプロフィールを作成。

そして、聞き込み調査。

スポンサードリンク

また、次郎ちゃんのチラシ1000枚を配布。

チラシには行方不明になった
日時・場所を書かない。

チラシを見た人が先入観を
持たないようにするため。

捜索範囲を絞るために必要なのは、
他のネコの居場所。

縄張り意識の強いネコの場合、
ほかのネコがいる場所に
近寄らないことが多い。

猫はあちこちにいました。

地図にメモをし、
遠藤さんは自宅付近にいると推理。

家ネコの次郎ちゃんは他のネコが寝ている
深夜に活動するのではないかと推測。

自宅の周辺を捜索し、
次郎ちゃんらしいネコを発見。

飼い主さんを呼んで
保護してもらったのでした。

捜索2日目にして発見されました。

ペット捜索・ジャパンロストペットレスキューの依頼方法や料金

年中無休

全国対応
※地方エリアは割増し料金あり

事前打ち合わせを行った後に、
1日8時間の捜索を計3日間行う方法が基本。

捜査は、3日間(1日8時間)。

ネコ、小型犬、その他小動物は、74000円(税抜)

犬(大型・中型)は、84000円(税抜

※どちらも事前打ち合わせ費 5000円(税抜)込みで、
深夜捜索も料金変更なし。

延長は、捜索1日ごとに18000円(税抜)

※2018年12月現在の情報です
くわしくはHPをどうぞ。

ペット捜索・ジャパンロストペットレスキュー

電話:0120-161-789(24時間受付)

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ