パソコン、仕事

2019年1月20日放送の「がっちりマンデー!!」は
スゴい社長大集合SP後半戦!

バオバブというAI(人工知能)向け
の学習データを作っている会社について紹介!

バオバブ

日本交通川鍋会長が気になる会社はバオバブ。

東京都港区にある高層マンションの一室へ。

バオバブは主にAI(人工知能)向け
の学習データを作っている会社。

BAOBAB

学習データというのは主に
コンピューターに学ばせる質問と回答の
セットのことをいいます。

どういうことかというと例えば

車を運転している動画をみると
車載カメラが瞬時にガソリンスタンドの料金を
表示しているのですが、
実はAIが動画を読み取り、どれがガソリンスタンドで、
どこに金額が書いてあるかを判断しているのです。

スポンサードリンク

これをやるためには
「これがガソリンスタンド」で
「ここに値段が書いてますよ」という
正解のデータを人間が作ってあげないといけない。

そうしたいくつかの正解データをヒントに
AIが自分で判断をします。

その正解データは
たくさんあればあるほどAIが賢くなるということで、
それを大量に作っているのが
バオバブという会社なんです。

なんとこの事業を始めてからわずか3年で
年商1億円を達成しているとのこ。と

大量のデータづくりが行われているのは
こことは全然違う場所。

やって来たのは港区からは
遠く離れた東京都・国分寺。

こちらの小さな部屋で女性が
パソコンをいじっています。

大量のデータづくりは
人間の手作業で行われていて、
これが儲かりの秘密。

大量の作業を世界中で雇ったパートさんに
オンラインで発注していたのでした。

ある女性の月収は1日6時間ほどで約20万円。

現在バオバブのパートさんたちは
日本・タイなど約800人いるとのこと。

AIビジネスは今後もどんどん大きくなるのは
確実のようです。

スポンサードリンク