【ヒルナンデス】手首アーチ体操のやり方!肩こり改善に!手のひらもみ&手つぼみ体操

ツボ、つぼ、手

2019年4月29日放送の「ヒルナンデス」は
森三中と滝アナの「森四中」に、
藤田ニコルが加わった「森五中」が
女性のお悩みを解決していくコーナー。

今回のテーマは多くの女性が悩む『肩こり』。

ここでは肩こり改善に清水賢二先生の
手首アーチ体操のやり方の紹介!

スポンサードリンク

清水賢二先生手首アーチ体操のやり方

理学療法士の清水賢二先生は
今年の2月に「肩こりはもまずに治せる」の本を
出版すると発売から2ヶ月で1万部を突破した
とのこと。

清水先生によると
肩の筋肉と手首の筋肉は1つの筋膜で
つながっているとのこと。

しかし、スマホなどを長時間つかうと
手首の筋膜や筋肉は凝り固まって
手首のアーチが崩れると
肩コリにもつながるといいます。

「手首アーチ体操」は
手首の筋膜と筋肉をアーチ状に戻すことで
肩こりを改善します。

体操の前に森三中たちの筋肉の硬さを計測しました。

筋硬度計の値が10以上だと肩こりのサイン。

村上さんは11、
ニコルと大島さんは14
黒沢さんは18
滝アナは9でした。

黒沢さんが体験します。

体操後は10になっていました。

清水賢二先生手首アーチ体操のやり方

1.手のひらもみ

1.親指と小指の間を10回ほどらせん状にほぐす

2.親指の付け根を10回程度ほぐす

3.親指の側面を10回程度ほぐす

4.小指の付け根を10回程度ほぐす


2.手つぼみ体操

1.親指と小指をくっつけて手で
つぼみをつくる。

2.腕をまっすぐ伸ばし、手首を上下運動する。
30秒~1分程度で手首の筋肉がのびていきます。

2つの体操を1日1回~3回行うと
楽になるのことです。



そのほかの肩こり解消法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ