2019年6月5日放送の「あさイチ」は
梅雨に注意!水虫・背中ニキビ・まつげダニ
カラダに潜むイヤなヤツ

ここでは靴に住み着く水虫対策の方法などの紹介!

スポンサードリンク

水虫

水虫の正体は、「白癬菌(はくせんきん)」というカビ。

がかゆみのある初期症状の水虫を放置すると、
かかとがガサガサになったり、
爪が白や黄色に変色するといった症状にになります。

しかし、それらのタイプの水虫はかゆみがないため、
水虫になっていることに気づいていない人も
多いのだそうです。

水虫菌は足の裏に付いてから24時間ほどで
皮膚の中へ入っていきます。

そのため、24時間以内に足をせっけんで洗えば
水虫菌の侵入を防ぐことができます。

水虫を治すためには、薬で足のケアをすることに加え、
靴に潜んだ白癬菌を退治することもポイントです。

レモングラスオイルで水虫菌を撃退する方法

『用意するもの』
ティッシュ

レモングラスオイル

アルミホイル

スポンサードリンク

『やり方』
1.ティッシュを2枚を丸め
レモングラスオイルを1滴たらす。

※精油が肌に触れないように注意

2.靴の中に①を真ん中あたりに置く。

※ティッシュはつま先に詰め込まず、
靴の中ほどに置くのがポイント

中ほどに置いた方が全体に成分が
いきわたりやすい!

3.アルミホイルでふたをするように覆う。

水虫菌、くつ

※ハイヒールの場合はかかと部分に
ティッシュを置く。

これで翌日まで置いておき、
アルミホイルなどをとって
履きます。


スリッパの場合

1.袋にスリッパを入れる

2.ティッシュを2枚を丸め
レモングラスオイルを1滴たらす。

水虫菌、スリッパ

3.①の袋にの中②を入れ袋を包む

※袋にレモングラスのオイルが
つかないように注意。


【あさイチ】背中のぶつぶつ(背中ニキビ)の原因は?予防する方法