あさイチ:もやしの保存方法!島本流!保存期間で保存方法が変わる

もやしのナムルのレシピ

2020年6月30日放送の「あさイチ」の
クイズとくもり 今こそ!THE もやし。

料理研究家の島本美由紀さんに
もやしの保存方法を教えてもらいました。

スポンサードリンク

島本流!もやしの保存方法

もやしは、冷蔵庫に入れていても、
ニオイが出たりすることもあります。

そこで、おすすめの保存方法を、
食品の長期保存に詳しい料理研究家の島本美由紀さんに
教えてもらいました。

長期保存の場合は「袋のまま冷凍」

・長期保存の場合は「袋のまま冷凍へ入れる」

買ってきたものの、しばらく使わないというときは
「袋のまま冷凍」がおススメ。

スーパーで買ったばかりの「新鮮なもやし」を凍らせば、
雑菌なども少ないので、うまくいけば3か月近く冷凍保存ができるそう。

また、凍らせたもやしは、そのまま鍋で加熱して料理にも使えます。

冷凍させたことで、繊維が壊れ、柔らかいので、
みそ汁やスープなどに使うのがおススメ。

スポンサードリンク

1週間くらい保存の場合は「レンチンして冷蔵」

1週間くらい保存の場合は「レンチンして冷蔵する」

レンチンして冷蔵のやり方

1.買ったもやしをすぐ、耐熱容器に入れ、
ラップをして電子レンジ(600ワット)で3分間加熱sする。

2.あら熱をとったあと、
キッチンペーパーをひいたプラスチック製食品保存容器に入れて
冷蔵庫に入れて保存する。

※電子レンジでしっかり温めることで、
「もやし」の成長をとめることができます。

また、雑菌の繁殖も防ぐので、「生のもやし」よりも、長もちします。


2~3日保存の場合は「チルド室で保存」

「生のもやし」は温かい野菜室に入れると、
成長が続いてしまい、味が悪くなるおそれがあります。

そのため0度に近い「チルド室」に入れるのがおススメ。

チルド室がないときは冷蔵庫の奥に入れます。

もうひと工夫

また、そのときに「つまようじ」で、
もやしの袋に1か所、穴をあけます。

もやしは酸素がなくなると傷みやすくなります。

穴をあけることでもやしが適度な呼吸を行うことが出来るようになり、
もやしが傷みにく、嫌な匂いもしにくくなります。

やしが臭う時の対処法

熱湯で10秒ゆでてから水で洗う。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ