焼肉

2020年11月11日放送の「ZIP!」の特集。

おうち焼き肉をおいしくする方法の紹介!

スポンサードリンク

おうち焼き肉をおいしくする方法


お悩み①お肉がお肉が脂っこい

まず向かったのは東京・新宿「焼肉酒場 牛恋」。

お取り寄せセット「ウチ恋セット~極~(8980円)」は
SNSでも話題の焼肉店。

お取り寄せはこちらからどうぞ↓
牛恋 ウチ恋セット~極~

技を伝授してくれるのはプロダクトマネージャーの本多さん。

肉を何度もひっくり返すと
肉汁が出てしまい、脂っぽくなります。

おうちで焼き肉を焼く場合、631の法則で焼くと良い。

631の法則

1.鉄板を200〜230度くらいの温度にして、お肉を並べる。

2.最初に置いた面をまず6割ほどしっかりと焼く。

3.ひっくり返して 3割ほど焼く。

※ひっくり返すのは1回のみ。

※この時お肉を押さえつけないこと
肉汁がでないように

4.お皿に移して10秒ほど置いたらできあがり。

10秒ほど待つと余熱で火が入ります。


お悩み②肉がかたくなる

お悩みを解決してくれるのはバーベキューの達人、
エバラ食品工業の田中さん。

スポンサードリンク

お肉をタレ漬け込むことで、
お肉の筋繊維にタレが入り込み
やわらかくて漬け込み焼き肉ジューシーな焼肉に。

漬け込み焼き肉のレシピ

『用意するもの』
お肉

黄金の味(中辛)

密閉袋

『やり方』
1.密閉袋の中に焼肉のたれの黄金の味と
肉を入れて揉み込み30分ほど寝かせる。

※春夏は冷蔵庫、秋冬は涼しい場所に置く。

3.ホットプレートは電熱線の上が温度が高いため、
そこに肉を置いて焼く。

4.肉を返すのは631の法則で1回のみ。

漬け込み焼き肉は牛肉・豚肉・鶏肉など
いろんなお肉に使えます。
う@

お悩み③フライパン焼肉は温度がわからない、肉を焼きすぎてしまう

フライパン焼き肉の極意を教えてくれたのは
東京・台東区の創業38年、浅草の洋食店
「レストラン大宮」のオーナーシェフ大宮勝雄さん。

フライパンで焼く場合は厚切りのお肉がおすすめ。

焼き肉というよりミニステーキというイメージで焼きます。

フライパン焼肉のレシピ

『やり方』

1.フライパンを200℃に温める。

フライパンは温度がわかりにくいのでバターで確認する。

バターを入れてすぐに溶けたら200℃。
これがお肉を焼く最適な温度。

2.下味をつけたお肉を並べ入れ、強火で一気に焼く。

3.片面を50秒焼いたら、ひっくり返して10秒ほど焼いて火を止める。

4.キッチンペーパーのうえにのせて余分な脂を拭き取る。

余分な脂を拭き取ることで サッパリとした仕上がりに。

5.最後に肉を1~2分寝かせてできあがり。

柔らかい肉に仕上がります。

お肉は常温にもどす

今回プロの方たちが共通してやっていたことが
肉は常温にもどすことでした。