人によって聞こえ方が違う携帯のシャッター音が話題!撮ったのかよ:スッキリ

女子高校生、スマホ

2020年11月10日放送の「スッキリ」の
オープニングトーク。

人によって聞こえ方が違う携帯のシャッター音について紹介!

スポンサードリンク

人によって聞こえ方が違うケータイのシャッター音

15年前(2005年)に発売されたケータイ電話、docomo「SH902i」の
カメラで撮影した時の「音」がSNSで話題になっています。

通常のシャッター音の後に聞こえる「音」をよく聞いてみると…
人によって「撮ったのかよ」または「エーアイアイ」の
どちらかの聞こえ方に分かれるとのこと。

街で27人に調査した所、
「撮ったのかよ」と聞こえた人は16人
「エーアイアイ」と聞こえた人は7人
残りの4人は「分からない」
と答えました。

なぜこのように聞こえ方に違いが出てくるのか、
日本音響研究所の鈴木創社長に話を聞きました。

「撮ったのかよ」をローマ字にしてみると、
「TOOT TANO KA YO」となります。

母音は「オーアオアオ」。

子音が携帯のフォーマットに音を圧縮する際、
音質が低下してしまう。

さらに、携帯のスピーカーから出る音が小さかったりするため、
子音が聞き取りづらくなり、「オーアオアオ」と聞こえてしまう。

そして、携帯の性能などの影響で
高い周波数の音が聞き取りやすくなり、
結果「エーアイアイ」と聞こえるのでは
とのこと。

実際の音は「撮ったのかよ」で収録しているとのこと。

番組で視聴者の投票の結果
「撮ったのかよ」と聞こえた人は9万3858人
「エーアイアイ」と聞こえた人は3万8516人
でした。






(放送後は一部の視聴者から「いつのネタやってるのよ。」
という声もあったようです)

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ