行列のラーメン

2021年2月9日放送の「幸せ!ボンビーガール」の
借金総額3000万経営ギリギリ開業ガール。

おおはたえりかさんのラーメン店「オコメノカミサマ」の紹介!

えりかさんのラーメン店「オコメノカミサマ」

借金総額3000万円の開業ガール!

ラーメン屋「オコメノカミサマ」の店長、えりかさん。

えりかさんの作るラーメンは
お米を使っているので材料費がかかっています。

クリーミーなスープ、自家製チャーシュー、
オリジナル麺を使ったお米のラーメン。

そして、コロナ禍の影響で経営ギリギリ!
お店存続の危機に自分の給料はなし。

従業員の給料を支払うために私物を質に入れ資金ぐり。

そんな開業ガールに希望の光!

前田裕二社長が飲食経営アドバイス。

今コロナ禍の時短で偉業で朝ラーメンの需要がのびている
健康志向のラーメンはライバルが少ない。

えりかさんはぜひ取り入れたいということで
朝ラーメンセットを開発していました。

それから3週間後、朝ラーメンセットは
朝限定の煮干しのしょうゆラーメンとおにぎりのセットで500円。

1月から出前のサービスを始めたり、
2月の限定ラーメンを作ったり、通販もはじめました。

出前や通販も好調、ランチは行列に。

必要な売り上げは1日5万円とのことでした。

緊急事態宣言が出てから1日2万円まで落ち込みましたが、
現在は1日15万円ほどになったとのことです。


おおはたえりかさんのツイッター

おおはたえりかさんのツイッター↓

おおはたえりか

♪————————-♪
お店:オコメノカミサマ
住所:大阪府大阪市都島区 都島本通3丁目22−6

HP:★オコメノカミサマ
♪————————-♪


えりかさんがお米のラーメン店を開いた理由

えりかさんは24歳の時、
大阪の而今の名物・塩ラーメンの味に感動して
店主・森脇さんに頼み込み弟子入りしました。

厳しい修業を乗り越えて
25歳でラーメン屋さんを開業したのですが
突然の病に倒れて入院。

2年で閉店することに。

病で食事も喉に通らなくなったえりかさんが
唯一口にできたのはおかゆでした。

そして、お米の優しさとラーメンを一緒に味わえないかと思い
2年かかってお米のラーメンを開発。

2週間ごとに精米したてのお米を仕入れるので10kg4000円。

柔らかく炊いたお米をしいたけ・カツオ・日高昆布でとったダシを合わせて
鶏、豚骨、牛の背脂を2日間煮込んだスープと合わせます。

麺にも米粉を入れてるので一般的な麺より30円高い。

ラーメンの価格は880円。

お店に来てくれるのはリピーターがパラパラ。

営業するだけで出ていくお金は
家賃17万円、材料費45万円、光熱費20万円、人件費75万円、合計157万円。

12月の売り上げは149万円。

お客さんのため値上げは出来ないし、
スタッフの人件費も削りたくないので
半年、自分の給料は出ていない。

えりかさんは廊下の明かりだけで風呂に入り
テレビと冷蔵庫は売ってしまいました。

私物も質屋に売ったりしました。

去年の12月に月替りの限定ラーメンとして
カルボナーラまぜそばを試した時、
ちょっぴりお客さんが増えたとのこと。

2021年1月、限定メニューとして
名古屋コーチン塩ラーメンを出しました。

そして、前田裕二社長のアドバイスを受けて
朝ラーメンセット出すことになったようです。

スポンサードリンク