焼き芋

2021年5月16日放送の「がっちりマンデー」はさつまいもウォーズ!!

ここではくしまアオイファームのさつまいものお取り寄せの紹介!

くしまアオイファーム

宮崎県の最南端に位置する串間市のくしまアオイファームという会社。

串間市に東京ドーム4.2個分のさつまいも畑を持っているかなり大きな会社です。

2013年の創業から右肩上がりで売上げを伸ばし続け、
創業からわずか8年で30倍以上の年商15億円。

実はこの会社、たださつまいもを作って売っているだけじゃない。
あるアイデアで売上げを急増させているのだそうです。

くしまアオイファームの看板商品は「おやついも」。
ポイントは芋の大きさで小さい。
しかも、そのお芋を袋に詰めて売っているだけ!

小さい芋を袋詰めしただけの商品がなぜ300万袋も売れるのか?
実はそのお客様がちょっと意外なところにいるのです。

一番売れているのは海外。
このおやついも、ほとんどがシンガポール、香港などの東南アジアで売れているとのこと。

スポンサードリンク

実際にシンガポールのスーパーでは、確かにおやついもが並んでいます!
実は昔から東南アジアのご家庭では炊飯器を使って小さな芋を蒸した、
いわゆるふかし芋をおやつ感覚で食べる習慣がありました。

日系スーパーでやっている焼き芋スタンドはコロナ前は大行列。
5年ほど前から東南アジアの日系スーパーでは焼き芋がブーム。

日本のさつまいもは甘くて美味しいというイメージが定着していました。
そこに目をつけた池田さんがおやついもの輸出販売に乗り出したのです

日本ブランドを活かすためパッケージは日本語のまま。

もちろん海外にさつまいもを売るのにはいろいろなハードルがあったのですがそれをクリア。

現在、くしまアオイファームのさつまいもの輸出量はなんと日本全体のおよそ3割!

まさにNo.1さつまいも輸出メーカーに成長したのです。

くしまアオイファームさんのさつまいもは、
サツマイモ専門店オイモール(OIMALL)で購入できます。

お取り寄せはこちらからどうぞ↓
<くしまアオイファームのさつまいもの農家直送通販サイト/a>


がっちりマンデー:らぽっぽファームの大学いもなどの通販・お取り寄せ!白ハト

スポンサードリンク