マスクの女性

2021年6月2日放送の「ガッテン」
たるみも口臭もシャットアウト!マスク時代の新お悩み★解消術

ここでは顔のたるみの解消につながる「にぱにぱ体操」のやり方の紹介!

スポンサードリンク

マスク生活で進行中!? 顔の“たるみ”

実は今、マスクの下で
知らず知らずのうちに“老け顔”が進行しているのだそうです。

その大きな原因が、“たるみ”。

マスクをつけて会話をするとマスクをしないで会話する時に比べて、
大頬骨筋(顔のたるみに関係する筋肉)を使っていないことが分かりました。

そうすると口の周りの筋肉が衰えて“たるみ”を起こしやすくなっていると考えられます。

そんな方にお勧めなのが、「ニパニパ」体操です。

マスクをしながらできます。


にぱにぱ体操のやり方

大頬骨筋をぎゅっと引き上げることでを高く持ち上げる

1.口を「二」と開いて口の端を斜め上に持ち上げ、そのまま5秒間キープする。
※笑うのがポイント

2.5秒経過したら、いれた力を「パ」と抜く。

「ニパニパ体操」の目安は1日に10回1セット。

効果には個人差がありますが、およそ2週間続けると顔のたるみの改善が期待できます。

スポンサードリンク