【この差って何ですか】温泉卵の作り方!片栗粉で簡単にできる

卵、ゆでたまご

2018年2月20日放送の「この差って何ですか?」のなかの
「温泉卵と半熟卵の差」。

簡単にできる温泉卵の作り方を紹介!

スポンサードリンク

温泉卵と半熟卵の差

温泉卵は白身は固まっておらず
黄身はほどよく固まっています。

半熟卵は白身が固まっていて
黄身が固まっていない。

温泉卵は70℃くらいの一定の温度で
約30分間加熱する事で作る事ができます。

しかし、高木伸一さんがたった5分で
温度卵を作る方法を教えてくれました。



スポンサードリンク



温泉卵の作り方

【温泉卵の作り方】

『材料』

卵→4個

片栗粉→大さじ山盛り1杯

※卵4つに対して大さじ山盛り1杯分

『作り方』
1.卵を常温に戻しておく。
※冷えた卵だとお湯の温度が下がってしまうため

2.お鍋に卵全体がかぶるくらいの水を入れて
強火で沸騰させる。

3.火を止めてお玉1杯分の水で片栗粉を溶いて
鍋に入れる。

※片栗粉を入れることで、お湯にとろみがつき、
保温効果を生み出すので70℃を保てる。

4.③に卵を入れて蓋をして
5分待てばできあがり!

この方法だと火加減を気にせず、
簡単にわずか5分で温泉卵が作れます。



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ