【ごごナマ】辛くない水キムチの作り方、アレンジレシピ!

スポンサードリンク

発酵食品、キムチ、漬物

2018年5月2日放送の「ごごナマ」は
「乳酸菌たっぷり!辛くない水キムチ」。

ここでは
韓国料理研究家のチェ・ソンウンさんの
辛くない水キムチの作り方を紹介!

水キムチ

腸によいと注目を集めている
“植物性乳酸菌”。
それを多く含むのが韓国伝統の漬物「水キムチ」。

なすやきゅうり、ミニトマトなど
夏野菜を使って、家庭で簡単にできます。

水キムチは基本のつくり方を覚えれば、
いろいろな食材でアレンジして
作ることができます。

水キムチの基本の作り方

水キムチ

【チェさんの水キムチのレシピ】

『材料』(つくりやすい分量)

(基本の漬け汁)
にんにく→3かけ(20g)

しょうが→10g

細ねぎ→3本

塩→大さじ1+1/2

ミネラルウォーター→3カップ(600cc)

りんご(いちょう切り)→1コ



白菜→1/6コ(約250g)

大根→1/4本 (約120g)

塩(一次塩漬け用)野菜の重量の2%(ここでは7.4g)



スポンサードリンク



『作り方』
1.白菜と大根はひと口大に、
りんごは皮つきのまま
いちょう切りにする。

細ねぎは3㎝幅に切る。

2.一時漬けをする
白菜と大根をボウルに入れ、
一次塩漬け用の塩をしっかりもみこみ、
ラップをして室温で1時間ほど置く。

3.別のボウルに塩とミネラルウォーターを入れ、
よく混ぜる。

りんご、にんにく、しょうが、細ねぎを加える。

スポンサードリンク

4.③に②を汁ごと入れ、混ぜ合わせる。

5.④をポリ袋に入れ、空気を抜いて
しっかり口を結ぶ。

6.日の当たらない涼しい場所で
半日~3日ほど発酵させる。

そのあとは冷蔵庫で保存する。

※発酵は春・秋は2日、夏は半日、
冬は3日を目安に。

食べごろは発酵後~1か月。

※雑菌が入ると異常発酵が起きてしまうので、
取り出すときはきれいな箸などを使います。


アレンジ水キムチの作り方

色々な食材で水キムチを作ることができます。

野菜や果物400gと基本の漬け汁で作れます。

手順は同じ。

みかんなど水分の多い果物は一次塩漬けする
必要はありません。




【ごごナマ】水キムチサルサドレッシングのレシピ!

【ごごナマ】水キムでホットクのレシピ!韓国のおやつ

【ごごナマ】水キムチのクラムチャウダーのレシピ!

コメントを残す

このページの先頭へ