【サタデープラス】弱火調理人水島弘史シェフのローストビーフのレシピ!紫吹淳

水島弘史シェフのローストビーフのレシピ

2016年12月24日放送の「サタデープラス」の「マネープラス」は
「紫吹淳の花嫁修業第3弾!
超簡単ローストビーフ&絶品肉じゃが編」

元タカラヅカトップスターの紫吹淳が
前回は、弱火調理人水島弘史シェフから
弱火で作るぶり大根とクリームシチューを
指導してもらいました。

今回は、クリスマスにピッタリ!の絶品ローストビーフと
家庭料理の基本!肉じゃがの絶対失敗しない作り方を
教えていただきます。

ここではローストビーフのレシピの紹介!

スポンサードリンク

水島流!ローストビーフのレシピ

一般的なローストビーフは
160~180度で焼き、その後低温で蒸すなどします。

水島流は最初から最後まで120度と低い温度。
これが失敗しない極意!

安いお肉でもo.k!

水島弘史シェフのローストビーフのレシピ

【ローストビーフのレシピ】

『材料』

牛肉(肩モモなど)→500g
塩     →小さじ2/3
コショウ  →適量
ぶどう  →500g
セルバチコ(ルッコラ) → 適量

(ソース)
はちみつ  →30g(大さじ2)
水     →20g(大さじ11/3)
醤油    →20g(大さじ11/3)
ビネガー  →小さじ1
コワントロー→10g(小さじ2)

コワントロー(コアントロー)↓



スポンサードリンク



『作り方』

1.肉の重さの93%を算出する。(500gなら465g)

※焼いた後93%の重さになるのが理想。

軽くなりすぎると水分が抜けて
パサパサの状態に。

2.オーブンを予熱120℃に温めておく。

3.肉の表面にハケなどでサラダオイルを塗り、
バットに足つきの揚げ網を乗せ、
その上に肉を乗せる。

ローストビーフのレシピ

4.③をオーブンに入れる。
その際に、傍らに付け合わせのぶどうを
房ごとバットに乗せて入れる。

ぶどうは40分焼いて取り出す。

※ぶどうは途中でひっくり返す必要なし

※ブドウも弱火で焼くと水分が適度に
残り甘みが凝縮されます

5.30分経ったら、肉をひっくり返し、
さらに20分焼く。

※テレビでは20分たったら
ひっくり返していました

5.取り出して重さが目的の重量(ここでは465g)に
なっていれば良い。
多少の前後は問題なし。

6.表面に分量の半分の塩をして、
熱々に熱したフライパンにサラダオイルをしき、
両面に焼き色をつける。(各面20秒ずつくらい)

※サッと焼くだけなので固くならない

7.ホイルに包んで5分おく。

8.その間にソースを作る。
鍋にソースの調味料を全て入れ、
強火で20秒煮立て、
別添えの器に盛る。

9.ローストビーフを切り分け、
切り口の表面に残りの塩をする。

10.お皿にぶどうとセルバチコ(ルッコラ)を盛り、
ローストビーフとソースを添えればできあがり!

水島シェフいわく、冷めてもジューシーでやわらかく
サンドイッチなどにしてもおいしいとのこと。


紫吹さんもローストビーフを試食して
「甘い!やわらかい」と言っていました。

そしてただ焼いただけのブドウは
「おいしい!ワインっぽくなってる」
と驚いていました。



弱火調理人水島弘史のレシピ



この日放送の肉じゃがのレシピ↓
【サタデープラス】弱火調理人水島弘史シェフの肉じゃがのレシピ!紫吹淳

以前放送のぶり大根のレシピはこちら↓
【サタデープラス】弱火調理人水島弘史のぶり大根のレシピ!紫吹淳の婚活

以前放送の鶏のクリームシチューのシピはこちら↓
【サタデープラス】弱火調理人水島弘史の鶏のクリームシチューのレシピ

以前放送のハンバーグとトンカツのレシピはこちら↓
【サタデープラス】弱火調理人水島弘史のハンバーグとトンカツのレシピ!紫吹淳が花嫁修業

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ