【サタデープラス】弱火調理人水島弘史シェフの肉じゃがのレシピ!

水島流!肉じゃがのレシピ

2016年12月24日放送の「サタデープラス」の「マネープラス」は
「紫吹淳の花嫁修業第3弾!
超簡単ローストビーフ&絶品肉じゃが編」

元タカラヅカトップスターの紫吹淳が
前回は、弱火調理人水島弘史シェフから
弱火で作るぶり大根とクリームシチューを
指導してもらいました。

今回は、クリスマスにピッタリ!の絶品ローストビーフと
家庭料理の基本!肉じゃがの絶対失敗しない作り方を
教えていただきます。

ここでは肉じゃがのレシピの紹介!

スポンサードリンク

水島流!肉じゃがの作り方

【肉じゃがのレシピ】

水島流!肉じゃがのレシピ

『材料』(2人前)

じゃがいも(男爵)→270g

玉ねぎ→ 60g

牛スライス→ 80g

醤油→ 15g(大さじ1)

絹さや→ 6枚

酒→ 20㏄

塩→ 1g(小さじ1/5)

砂糖→ 15g(大さじ1)

水→ 150~200㏄

『作り方』

1.じゃが芋は皮をむき、4cmくらいの
大き目の一口大に切る。
玉ねぎはくし形で大きめに切る。
牛スライスは、4cmくらいの大きさに切る。
絹さやは、筋とへたをとってておく。

※切り方は
前に滑らすように切る

2.フライパンにかぶるくらいの水と塩を入れて
薄い塩水(0.8%)を作る。

3.②にじゃが芋と玉ねぎと牛スライスを入れる

4.③を弱い中火にかけ、
ゆっくり55℃~60℃まで温度を上げる(5分くらい)

※最初に弱火で火を通しておけば
そのあと煮ても固くなりにくい

※弱火でゆっくり加熱し、あくを出し切る

※弱火で温度を上げることで野菜に皮膜ができ
煮崩れしにくい状態に

水島流!肉じゃがのレシピ

5.55℃~60℃になったら、火を止めて、
蓋をして5分おく。

6.⑤をザルにあけ、お湯で洗い、水気をきる。

スポンサードリンク

7.同じフライパンにサラダオイル小さじ2(10cc)を
ひき、温める。

8.十分に温まったら(軽くうす煙がでるくらい)、
一気に肉と野菜を入れて、箸で混ぜながらさっと炒める。
(30秒ほど。肉の赤みがなくなるくらい)

9.酒と水を加える。
そして、塩、醤油、砂糖を加えてなじませるように混ぜる。

アルミホイルなどで落し蓋をして、
弱い中火で軽く煮立っている状態で煮る。(10~15分)

10.じゃが芋に串が通り、
煮汁が煮詰まっていればよい。

※下準備である程度火が通っているので
ぐつぐつ煮込まなくてもよい

11.絹さやは濃いめ(1.5%)の塩水を
沸騰させたところに2分入れて、
冷水で粗熱をとっておく。

12.器に肉じゃが、きぬさや
盛り付けてできあがり!


弱火調理人水島弘史のレシピ

この日放送のローストビーフのレシピ↓
【サタデープラス】弱火調理人水島弘史シェフのローストビーフのレシピ!紫吹淳

以前放送のぶり大根のレシピはこちら↓
【サタデープラス】弱火調理人水島弘史のぶり大根のレシピ!紫吹淳の婚活

以前放送鶏のクリームシチューのレシピはこちら↓
【サタデープラス】弱火調理人水島弘史の鶏のクリームシチューのレシピ

以前放送のハンバーグとトンカツのレシピはこちら↓
【サタデープラス】弱火調理人水島弘史のハンバーグとトンカツのレシピ!紫吹淳が花嫁修業

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ