【あさイチ】モロモロしない豆乳鍋と簡単に湯葉を作る方法!

大麦の豆乳スープ

2017年1月24日放送のNHK「あさイチ」の「スゴ技Q」は
「おいしく!簡単!人気の豆乳 徹底使いこなし術」

ここではモロモロ”のかたまりが
できない豆乳鍋と簡単な湯葉の作り方を紹介!

スポンサードリンク

人気の豆乳鍋

豆乳は低カロリーな上、骨粗しょう症予防に役立つ
イソフラボン、高コレステロール改善が
期待できる大豆たんぱく質が、
たっぷり含まれています。

最近は、飲むだけでなく
調理に無調整豆乳を使う人が増え、
売り上げが伸びています。


豆乳鍋で白い“モロモロ”のかたまりができない方法

でも、おなじみの豆乳鍋を作ると、
白い“モロモロ”のかたまりが
たくさんできてしまったりしますね。

そこで、豆乳鍋づくりのコツを、
京都の豆腐専門店の二代目おかみ、
藤野久子さんに教えていただきます。

藤野さんが作る豆乳鍋は、煮立たせても、
“モロモロ”ができにくいのが特徴です。

“モロモロ”を作らないために
豆乳と合わせるといいのは「昆布だし」です。

豆乳は塩分があると豆腐になりたがり、
“モロモロ”ができやすくなってしまうのです。

なので塩水やみそを溶いた水などよりは
塩分が少ない昆布出汁がよいのです。



藤野さんオススメの豆乳鍋の作り方

1.鍋に水と昆布を入れ昆布だしを作る。

2.昆布を取り出し、具材を入れて豆乳をを加える。

だしと豆乳の割合は、5:5がおすすめ。

3.弱火~中火で煮る。

味がついていない分、
様々な薬味やつけだれを用意するとよい。

オススメのつけダレはだし醤油とポン酢。
薬味は、すりごま、七味とうがらし、大根おろしなどで。



オススメの豆乳鍋の具材

根菜は火が通りやすいように
ピーラーで薄切りにしすると、
煮立たせる時間を短縮でき
モロモロになるのを防ぐことができます。

肉類はアクの少ない鶏肉がオススメ。
塩分の多い魚介類はモロモロになりやすい。

味付けをしっかりつけたい場合は、
豆乳を入れる前に具材をにておいて
豆乳を最後に入れればモロモロになりにくい。


スポンサードリンク



余った豆乳は新食感の湯葉で

豆乳があまってしまうことありますね。

そこでおすすめが
豆乳をたっぷり使える、
湯葉を作る方法です。

実はホットプレートを使うと
簡単に湯葉を作ることができます。

豆乳は80℃にあたためると、
表面にタンパク質が集まってきて固まり、
湯葉ができます。
80~85度で一番よくできます。

ホットプレートは保温機能がついていて、
80~85度を保つことが出来るので
簡単に作りやすいのです。

『湯葉の作り方』 
豆乳は、5mm~1cmの高さに注ぎます。

※多すぎると温度のムラができやすい。

1.ホットプレートの温度を140℃にに設定する。

2.ヘラを使って湯気が出るまで、ゆっくり混ぜる。

3.ふつふつと泡が出てきたら保温に切り替える。

4.うちわであおぐ(30秒くらい)
※あおぐと表面の水分が飛びやすく、
湯葉ができやすくなります

5.表面にシワができたら、引き上げのサイン。
お箸などで、湯葉を中心に向かって
集めるようにしてすくう。

※つゆは白だしに
ゆずこしょうを入れたものがおすすめ。

湯葉のスイーツアレンジ

湯葉は煮詰めていくと次第に大豆オリゴ糖の割合が増し、
甘みが増していきます

最後の方の湯葉は器に盛り付け、
黒蜜をかけて黒蜜ゆばにしたり、

いちごやキウイなどのフルーツを
切って器に盛り付け湯葉をかけて
フルーツ湯葉にするのもおすすめです。


まとめ

この日の豆乳レシピ↓
【あさイチ】豆乳チーズの作り方とアレンジレシピ!チーズフォンデュ&ピザトースト

【あさイチ】豆乳マヨネーズの作り方とアレンジレシピ!サンドイッチやえびのマヨネーズ焼き

【あさイチ】豆乳を使ったスイーツレシピ!ホットケーキ&プリン

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ