【サタデープラス】村田吉弘の作り置きのレシピ!鶏手羽先の南蛮漬け

作り置きレシピ

2017年5月6日放送の「サタデープラス」の「くらしプラス」。
はミシュラン三つ星巨匠 村田吉弘シェフの作り置きおかず

ここでは鶏手羽先の南蛮漬けと
そのアレンジレシピを紹介!

スポンサードリンク

作り置きおかず

今回は、9年連続ミシュラン三つ星を獲得した
京都の老舗料亭「菊乃井」の3代目主人・村田吉弘さんに
“酢・味噌・麹”を使った簡単で美味しい作り置きおかずを
教えてもらいます。

酢・味噌・麹は発酵食品で肥満防止や血管年齢を
下げるなどの研究が進められています。



村田流!鶏手羽先の南蛮漬けのレシピ

作り置き 鶏手羽先の南蛮漬け

酢を使うポイント
腐敗のもととなる微生物の増殖をおさえる

【鶏手羽先の南蛮漬けのレシピ】

『材料』
鶏手羽先→          4本
カボチャ→          50g
レンコン→          50g
赤パプリカ→         1/2個
玉ねぎ→           200g

グレープフルーツ(あれば)→ 1/2個
鷹の爪→           1/2本
ショウガ→          5g
グレープフルーツジュース→  225ml
薄口しょうゆ→        60ml
砂糖→            15g
米酢→            75ml

『作り方』
1. 手羽は先の部分は関節から切り取り、
中央部分に火の通りをよくするために
縦に切り込みを入れる

2.カボチャ、レンコンは8mm位の厚さで
食べやすい大きさに切る

3.赤パプリカは一口大に切り、
玉ねぎは繊維に沿ってスライスする

4.フライパンに少量の油をひき、
手羽先を皮目から強火で焼く

5.レンコン、カボチャ、赤パプリカも④に入れる

スポンサードリンク

6.手羽先と野菜の両面に焼き目をつけたら
弱火でじっくりと火を通す。

鶏手羽先の南蛮漬け

5.漬け酢をつくる
グレープフルーツジュースと米酢、薄口しょうゆ、
砂糖をよく混ぜ合わせる

※甘味(砂糖)・酸味(酢)・塩味(しょうゆ)
・旨味(しょうゆ)・苦味の五味の
うちの苦味を加えるため
グレープフルーツジュースを使う

6.④が焼けたら熱いうちに、漬け酢につけていく。
玉ねぎは生のまま入れる

6.グレープフルーツの皮は千切りにし、
果肉は薄皮をむいてほぐし、
鷹の爪、刻んだショウガと共に1時間ほど漬けたら
できあがり!

※保存の目安は冷蔵庫で1週間ぐらい

※お酢やグレープにはクエン酸、
鶏肉にはイミダペプチドなどがあり
疲労回復に効果があるので
これからの季節にはいいそうです



鶏手羽先の南蛮漬けのアレンジレシピ

【すっぱカレーのレシピ】

『材料』
鶏手羽先の南蛮漬け
水→      300ml
カレールー→  4かけ(80g)

『作り方』
1.鶏手羽先の南蛮漬けを作り、
汁ごと全部鍋に入れ、水を加える

2.カレールーを加え、火にかけ、
煮溶かしたらできあがり!


【すっぱスープのレシピ】

『材料』(2人前)
鶏手羽先の南蛮漬け
トマトジュース→  200ml
トマト(小)→    1個

『作り方』
1.鶏手羽先の南蛮漬けを作り、
汁ごと全部鍋に入れ(汁は約120cc)、
トマトジュースを加え火にかける。

2.角切りに切ったトマトも入れて
軽く煮込んだらできあがり!



【すっぱチャーハンのレシピ】

『材料』(1人前)
鶏手羽先の南蛮漬け
ご飯→         250g
卵→          1個
サラダ油→       大さじ1

『作り方』
1.鶏手羽先の南蛮漬けを作り、具を刻む

2.ご飯に卵を混ぜておく

3.フライパンにサラダ油を加えて熱し、
南蛮漬けの具を炒める

4.ご飯も炒めてパラパラになったらできあがり!
(お好みで塩コショウで味を調整してもよい)



まとめ

この日の村田吉弘シェフの作り置きレシピ
【サタデープラス】村田吉弘の作り置きのレシピ!しょうゆ麹肉そぼろ

【サタデープラス】村田吉弘の作り置きのレシピ!味噌ちりめん山椒

【サタデープラス】村田吉弘の作り置きのレシピ!鶏手羽先の南蛮漬け

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ