【つぶれそうなのにつぶれない店】八丈島の人が儲かっている理由!フェニックス・ロベレニー

2017年10月24日放送の
「坂上&指原のつぶれそうなのにつぶれない店」

その中の八丈島の人が
儲かっている理由を紹介!

スポンサードリンク

八丈島の人が儲かっている理由

日本には約400の離島があり、
その半数以上が人口減少で大ピンチ。

そんな中、八丈島は高齢化しているのに
ガンガン儲かっているそうです。

70歳の奥山さんは月最高120万を稼いでおり、
兼業でも働けるのだそうです。

取材班は長戸さんに教えてもらうことに。

それはフェニックス・ロベレニーという植物を育てていて、
葉っぱを売っているため。

お祝いや結婚式、お葬式の
花の飾り付けに使われています。

スポンサードリンク

日本国内のシェア9割が八丈島のロベ。

八丈島はロベ栽培の条件を
ぴったりと満たすのだそうです。

夏場でも30℃以下、
冬場でも10度を下回らない
年中安定した気温。

1年を通して高い湿度。

手がそんなにかからないのもポイント。

とにかく植えればみるみる育ち
その葉を刈り取ってもまた、
すぐに生えてくるのだそうです。

島の至るところで栽培されています。

収穫したロベは根元にあるとげを取り除き
虫に食われた葉を切りそろえて成型していく。

座りながらできるのも人気の秘密。

そのあと50本一束にして出荷。

段ボール1箱で15000円。

八丈島の高齢者が儲かっているナゾは
①ロべづくりに八丈島の気候がピッタリ
②高齢者にもできる簡単な作業
でした!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ