【NHKスペシャル】血圧サージの予防、対策にタオルグリップ法!毎日血圧を測る

病気、血圧計

2017年10月29日放送の「NHKスペシャル」は
“血圧サージ”が危ない~命を縮める「血圧の高波」~」。

スポンサードリンク

血圧サージとは?

健康診断などでは血圧が正常な人でも、
瞬間的に血圧が急上昇する
「血圧サージ」があります。

当事者は上がったことに
気が付かないそうです。

急激な血圧の変動で血管はダメージを受け、
脳卒中、心臓病、認知症のリスクも
大幅に高めることがわかってきています。

心臓病や脳卒中のリスクについて、
正常の人が1とすると高血圧の人が1.5倍、
朝に血圧サージが疑われる人が2.5倍、
高血圧でかつ朝に血圧サージが疑われる人は
約4倍になるとのことです。

イタリアにあるサンタ・マリア・テルニ病院の
ジャコモ・プッチ博士は
血圧サージを起こす150人の血管を
徹底的に調べました。

するとみんな血管の壁が硬く
厚くなっていることがわかったそうです。

血圧サージによるもう1つのリスクは認知症。

山形県立中央病院の山口佳剛博士らの
研究グループは、200人を超える高齢者を
記憶力など認知機能のテストを
4年にわたって実施しました。

血圧との関係を調べたところ、
血圧サージが少ない人に比べ、
多い人は認知機能が低下した割合が
約1.5倍になっていたそうです。

また、脳を調べたところ、
血圧サージが多い人の脳は
死んでいる神経細胞が多いことが
わかったとのことです。

西澤先生によると血圧サージは
気づかないようなダメージが
脳に蓄積して認知症のリスクを
高めることがわかってきたといいます。

血圧サージは自分ではわからないので
1日数回血圧を測る必要があります。
特に血圧サージが
おこりやすいのは朝といわれています。

朝の血圧測定で
最高135mmHg以上が頻発する場合や
5日間の幅が20mmHg以上の場合、
血圧サージの危険があります。


【血圧サージ危険度チェック】
「年齢は?」
「BMIは?」
「深夜にトイレにいく?」
「日中眠くなることは?」
「味の濃いものが好き?」
「お酒を飲む?」
「タバコは吸う?」
など

血液サージの危険度チェックはこちらからどうぞ↓
血液サージの危険度チェック



血圧サージの原因

血圧サージの原因の
カギを握るのは交感神経です。

交感神経は手や足などにある末梢血管の
周りを取り囲んでいます。

交感神経が興奮すると
ノルアドレナリンが分泌され、
末梢血管が収縮し血圧が上昇します。

これによって体の活動性が上がります。

例えば朝の起きた時、
活動に備え交感神経が働き
血圧が上がります。

スポンサードリンク

夜になると眠りに備えて
交感神経は働きを鎮め、
血圧は下がります。

しかし、
朝に交感神経が働きすぎて血圧が急上昇。
夜に交感神経が休まず
また血圧が上がってしまう。

こうして血圧サージが起こる危険があります。


血圧サージの原因について
交感神経が過敏になる要因は
「加齢・肥満・塩分・飲酒・喫煙・ストレス」など。

これらの要因に引き金が加わると
血圧サージになってしまいます。

引き金とは
力仕事、会議
医師の診察、怒り
コーヒー、ダッシュ
筋トレ、睡眠時無呼吸症候群
月曜日、飛び起きる
冷たい床、トイレ
くしゃみ、せき
気温が低い、冷水で洗顔
タバコを吸う
などさまざまあります。



血圧サージの対策

【①血圧を測る】
毎日、朝晩血圧を測定することで
どのようなことをすると血圧が上がって
どのようなことをすると血圧が下がるか
ということが知ることができます。

そうすると、自然に血圧が上がるような
行為を避けるようになります。

そうすると、血圧サージを防ぐことが
できるようになります。

測ることで自分の血圧を意識するようになり
血圧サージ改善につながるのです。



【②にぎる】

カナダ・トロントには
高血圧や心臓病など病気を抱える人専用の
運動施設があり、利用者は器具を握っていました。

これが血圧サージの対策の1つ、
「ハンドグリップ法」で、
器具を全力の30%で2分間握るだけ。

物を握ると腕の血圧が一時的に高くなり、
脳は血圧上昇を懸念し、
交感神経の活動を抑えます。

その結果、交感神経の興奮が抑えられ、
血圧サージが減ると考えられています。

しかし、日本ではハンドグリップの
機械がありません。

けれども、身近なもので代用できます。

それはタオル。

日野原記念クリニックの久代登志男所長が考案
したタオルグリップ法です。

【タオルグリップ法のやり方】は簡単!

フェイスタオルを縦に一回、
横に二回たたみ丸める。

そして、これを親指と他の指が
くっつかないように握る。

1回2分を左右2回ずつ
1日おきに4週間行うとよいそうです。

※強く握り過ぎると血圧上がってしまうので
30%の適度な力、
無理なく2分間握っていられれば
それが大体全力の30%ぐらいの力になります。

血圧サージ



ガッテンでも特集されていました↓
【ガッテン】血圧急上昇の「血圧サージ」の原因&予防法!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ