台湾風フレンチトーストのレシピ!【きじまりゅうたの小腹がすきました! 】

台湾風フレンチトースト

2016年3月29日 NHK放送の「きじまりゅうたの小腹がすきました! 」
の 第1回「癒やしの台湾風フレンチトースト」。

5月3日に再放送されましたので紹介します。

スポンサードリンク

癒やしの台湾風フレンチトースト

今女性に大人気のグルメ天国台湾。
食事は外食が一般的で、街なかに屋台など軽食の店がいっぱい。
麺料理や小籠包などが人気ですが、意外な定番がトーストの料理。


【台湾風フレンチトーストのレシピ】

台湾風フレンチトースト

『材料』
食パン→1枚(厚さ2cm)
パンは厚めがおすすめ

バター→10g
卵→1個
牛乳→大さじ5
砂糖→小さじ2
塩→少々

(トッピング)
きんぴらごぼう→30g
オイスターソース→小さじ1/2
五香粉→少々
パクチー→適量

スライスチーズ→1枚
スライスハム→1枚
ハチミツ→適量
粗びき黒コショウ→少々

『作り方』
1.卵を割ってはしで溶き、
砂糖を小さじ2杯入れてしっかりまぜる
2.さらに牛乳を大さじ5加えてかき混ぜる。

3.塩少々も入れて混ぜる。

塩味であっさり仕上げれば食べやすい

台湾ではフレンチトーストに塩を使うのがポピュラーで、
朝食に食べられることが多いそう。

4.パンは半分に切って卵液に両面浸す

5.600Wのレンジで20秒加熱する

さらに卵液をなじませるため、
600Wで20秒で手早くプロの味に!

温める時間が長いと卵に火が通ってしまうため注意

6.フライパンに写し、ふたをして焼き目が出るまで弱火で4、5分ほど焼く
裏返してさらに3、4分ほど焼く。

スポンサードリンク

ここからはお好み。

1つはお皿にとりだしてきんぴらに五香粉(ウーシャンフェン)、
オイスターソースをまぜたものをトッピング。さらに上にパクチーをのせる。

五香粉はシナモンや花椒、八角、丁香、ウイキョウなどを
混ぜ合わせたスパイスで、豚の角煮などにも使われる。

加えるだけでぐっと台湾風に仕上がるのが特徴。
日本のスーパーでも簡単に入手できる。

今回はオイスターソースとともに、
きんぴらごぼうと混ぜ合わせているが、
鶏そぼろやれんこんきんぴらなど、和風の甘辛いメニューとも相性が良い。

もう1つはハムとチーズをのせる。
チーズを少しとかしたいのでフライパンに置いたままふたをして余熱で溶かす

チーズが溶けたら、皿に盛り合わせる。
ハムとチーズの方は、ハチミツと胡椒を加えることで
さらに美味しく頂くことができる。

はちみつ+チーズは黄金コンビ




【オレンジティーのレシピ】

オレンジティー

台湾ではフルーツを丸ごと入れた「水果茶」が名物。

『材料』
オレンジ→1/2
ティーバッグ→適量
熱湯→適量
グラニュー粉→適量

『作り方』
ティーバックの紅茶にお湯を注いで
紅茶を作り、レンジ半分程度の果汁を絞り入れる。

このとき、フォークを使えば絞り器を使わず
楽に絞りだすことが出来る。

オレンジに含まれるイノシトールは
脂肪の蓄積を抑える効果があるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ