虫よけスプレーの効果をアップさせる方法&虫さされのかゆみ撃退法【ガッテン】

手、かゆみ、虫

2019年5月22日放送の「ガッテン」は
血圧・虫刺され・リハビリ 医療を変えたスゴい人SP

ここでは虫よけスプレーの効果をアップさせる方法や
虫さされのかゆみ撃退法の紹介!

スポンサードリンク

虫よけスプレーのより効き目がアップする方法

超簡単で驚くほど蚊に刺されにくくなる方法があります。

それは足裏を拭いて除菌することで効果は数時間続きます。

これは以前ガッテンで放送されていました。

【ガッテン】蚊に刺されない対策法!刺されやすい人は足の常在菌が多い

そして虫よけスプレーのより効き目がアップする使い方が
あるとのこと。

実は虫よけスプレーの多くは
直接当たった場所以外にはほとんど効き目がない
のだそうです。

そこでオススメなのが、スプレーした後に、
手で薬液をまんべんなく塗り伸ばすこと。

これで虫よけ効果を高めることができます。

※使用上の注意をよく確認してお使いください。

スポンサードリンク

かゆみ撃退法

夏秋優さんは兵庫医科大学の准教授を務める
皮膚科の先生。

先生は自宅でも常に100匹以上の虫を飼っています。

先生が出した「虫と皮膚炎」という本は
自ら虫に刺されて研究結果をまとめた本だったのでした。

そんな夏秋優先生が、ゆみ対策を教えてくれました。

虫に刺されてかゆくなっても、かいてしまうのはNG。

かくとその刺激で、さらにかゆみが増すという
「かゆみの悪循環」に陥ってしまうため。

そこで夏秋先生がオススメする対策が、
「かかずに冷やす」こと。

冷たさの感覚は、かゆみの感覚よりも
脳で優先して処理されるため、
かゆさを紛らすことができます。

氷や保冷剤があればベストですが、
冷たい缶ジュースなどで冷やしてもOK
とのことです。

ちなみに爪バッテンはNG。
皮膚に傷がつくとばい菌が入って
治りが悪くなります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ