【あさイチ】女性の顔そりのやり方や頻度!40代からのムダ毛処理

女性、美容、化粧

2019年6月26日放送の「あさイチ」
40代からの…「ムダ毛」とのつきあい方

夏が近づいてくると気になりだすのが「ムダ毛」。
今回は、40代からのムダ毛処理について特集。

ここでは肌に優しい顔そりのやり方や
かみそりの正しいお手入れ方法の紹介!

スポンサードリンク

顔そりのやり方

『用意するもの』

L字家庭用カミソリ
・長いのもの(顔用)
(額やほお、フェイスライン、あごの下)

・短いのもの(眉用)
(眉まわりや鼻、口元)

保湿タイプのジェル(透明または薄い白がおすすめ)

5倍拡大鏡(角度が調節できると便利)

『やり方』
1.まずぬるま湯で顔を洗い、毛を柔らかくする。

2.保湿タイプのジェルを顔全体に塗る。
ジェルは透明なものか白いタイプのもの

3.額、頬などのフェイスラインを長いほうの
かみそりで剃る。

ほおは、かみそりを持っていない方の手で
軽く皮膚をのばしながら、
毛の流れに沿うように剃る。

額は、生え際を自然な形で残せるよう、
カミソリをくるくる回すように動かしながらそる。

4.短いほうのかみそりで、眉、鼻、口元を剃る。

ヒゲが気になる口のまわりは、
口の中から舌を押し当てて皮膚を引っ張ると
そりやすくなる。

まゆは、うっかりそり落とさないために、
まず輪郭を描く。

そして、残したい毛と逆向きにそる。

鼻は、ムダ毛はもちろん、毛穴に詰まっている
汚れも一緒にかき出すようにそるとすっきり。

5.仕上げはぬるま湯で顔についた毛を洗い流す。

6.たっぷりの化粧水を染み込ませたら終了。

頻度は1か月に1度程度ぐらいがおすすめ。


かみそりの正しいお手入れ方法

カミソリを使用したあと、
ティッシュなどで拭きとったり、
刃先に絡まった汚れを取り除こうと
歯ブラシでこすっていませんか?

実は、これらは誤ったお手入れ法。

刃先の滑りをよくするための
コーティングがはがれ、
肌を傷つける原因となります。

ほかにも、湿気の多い風呂場で放置したり、
刃先にせっけんなどが残っていると
サビの原因になり、刃先がボロボロに。

正しいお手入れの方法は、
ぬるま湯で汚れやクリームなどを洗い流し、
軽く振って水けを切り、
風通しのいい場所に保管します。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ