あさイチ:ポリ袋でお米の炊き方&牛丼のレシピ!節水に役立つ災害食

牛丼

2019年8月27日放送の「あさイチ」
クイズとくもり
「災害時も家で快適に!プチサバイバル術」

節水に役立つ災害食
ポリ袋でお米の炊き方&牛丼のレシピの紹介!

スポンサードリンク

水を節約する調理法

料理研究家の坂本佳奈さんに、
災害時に水をできるだけ使わずに
作る料理を教えていただきました。

米はあえてとがず
高密度ポリエチレン袋に入れて、
鍋で袋ごとゆでれば、炊飯器で炊くよりも
3割少ない水の量で、ごはんを作ることが
できます。

また、米と一緒におかずもゆでれば効率的。

牛丼の作り方を教えてくれました。

ポリ袋でゆでて作る「牛丼」のレシピ

『材料』(2人分)
米1合
水120ミリリットル
牛肉160グラム
たまねぎ(薄切り)160グラム

(A)
しょうゆ大さじ2
砂糖大さじ2
水大さじ2



高密度ポリエチレン袋2枚

スポンサードリンク

『作り方』
1.高密度ポリエチレン袋に米と水を入れる。
もう1枚には、牛肉、たまねぎ、(A)を入れる

2.鍋に水(約1リットル/分量外)を入れて①を入れ、
袋の空気を抜き、口を結ぶ。

そのまま10分間おいて、吸水させる。

3.②の鍋底に耐熱皿を敷き、2つの袋を入れ、
ふたをして強火にかける。

沸騰したら弱火にして、約10分したら
牛肉のほうの袋を取り出す。

肉の色が変わり、袋の中に水分がでてきたらOK。

4.米のほうの袋はさらに10分間弱火にかけ、
火を止めたらそのまま10分間蒸らす。

5.ごはんを器に盛り、その上に牛肉の袋の具材をのせれば、
できあがり。



災害時も家で快適に!プチサバイバル術

あさイチ:そうめんスープのレシピ!災害時の節水の災害食

あさイチ:災害時のトイレ対策!保冷剤を凝固剤の代わりにする方法や非常トイレにする方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ