ZIP:着太りを防ぐ錯視着痩せ術!ミュラーリヤー錯視やジャストロー錯視

女性たち

2019年11月22日放送の「ZIP」の特集。

着太りを防ぐ錯視着痩せ術について紹介!

女性誌「InRed」のスタイリスト・林嘉代さんと、
錯視のプロ・森川和則教授に
秋服ならではの錯視を使ったテクニックを
教えてもらいました。

スポンサードリンク

錯視着痩せ術

錯視着痩せ術とは、目の錯覚を利用した着痩せ術。

上半身着痩せ術

・ミュラーリヤー錯視

「ミュラー・リヤー錯視」は
同じ長さの線でも内向きV字だと短く見え、
外向きV字だと長く見える錯視のこと。

今回はVネックニットセーターでV字を活かし
長く見える錯視を利用。

さらに深いグリーンのコートで
白いニットとのコントラスト出すことで
着痩せ効果を高めました。

・ニット(CECIL McBEE)→4290円
・コート(CECIL McBEE)→1万3200円


太もも着痩せ術

・ジャストロー錯視

「ジャストロー錯視」は同じ長さの線でも
下に異なる台形をつけると長く見えたり
短く見えたりする錯覚。

今回はワイドパンツで隠していた脚を、
裾が広がっている台形のミニスカートを履いて
ジャストロー錯視をより効果的に利用し
細く長く見せました。

・キュロット(CECIL McBEE)→5390円

バイカラー錯視&ゲシュタルト群化

三沢佳香さんが錯視で着痩せに挑戦。

「バイカラー錯視」とは横に分割するよりも
縦に分割したほうが細く見える錯視。

「ゲシュタルト群化」は色が同じものだと
一つにまとまってスッキリ見える錯視のこと。

カラフルなファッションで
横に分かれていたファッションから
バイカラー錯視とゲシュタルト群化の合わせ技で、
縦分割にしインナーと上下を同じ色で合わせ
スリム感を演出。

この服装で友達と待ち合わせ、
友達から「痩せた」と言われたのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ