あさイチ:ヒートショックプロテイン入浴法!炭酸系入浴剤で

お風呂、浴室

2019年11月26日放送の「あさイチ」は
クイズとくもり 目からウロコの入浴法

免疫力をアップさせる
ヒートショックプロテイン入浴法や
炭酸系入浴剤を使ったヒートショックプロテイン入浴法の紹介です。

東京都市大学教授の早坂信哉先生が教えてくれました。

スポンサードリンク

ヒートショックプロテインとは?

ヒートショックプロテインとは、
熱による刺激によって体内に作られるタンパク質のこと。

傷ついた細胞を修復する作用などがあり、
運動能力向上に効果があるとされています。

また、白血球の数が増えるため、
免疫力のアップも期待できます。

ヒートショックプロテインの作用

・運動能力向上
・免疫力アップ

白血球が増加し、ナチュラルキラー細胞が活性化!

ヒートショックプロテインを作る入浴法

ヒートショックプロテインは体温が上昇し、
体が危険を感じると作られやすいため、
陸上の田村朋也選手はトレーナーの指導のもと、
42度の湯船に10分間つかるようにしています。

※しかし、この入浴法は心臓などの負担が大きく、
一般の人は注意が必要。

スポンサードリンク

炭酸系入浴剤でのヒートショックプロテイン入浴法

ヒートショックプロテイン入浴法は心臓などの負担が大きいため
おすすめは炭酸系の入浴剤を使った方法です。

炭酸ガスが発生するタイプの入浴剤が溶けた湯船につかると、
炭酸ガスの効果で40度の湯でも体温が上昇し、ヒートショックプロテインが作られやすくなります。

1.お風呂に炭酸系の入浴剤を入れる。

2.40度で15分間入る。

※一度作られると4日間持続するため4日に1度入ります。

毎日だと体が慣れてしまいかえって作られにくくなります。

※ヒートショックプロテインは2日後にできやすいので、
運動会など日にちが決まっている場合には
その2日前に実践するといいそうです

早坂信哉先生の本

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ