もやしのスープ

2021年10月5日に放送された「あさイチ」のとくもり 知らなきゃもったいない!レモン

レモンの果汁で食感アップ!

料理家 柴田真希さんのシャキシャキもやしのごまあえ&シャキシャキもやしのふんわり卵のスープのレシピの紹介です。

スポンサードリンク

シャキシャキもやしのごまあえのレシピ

レモン汁を加えた湯でゆでると、もやしがシャキシャキ食感に。

材料(2人分)

もやし1袋分(およそ200g)
レモン汁小さじ4

(A)
白すりごま大さじ2
しょうゆ小さじ2
砂糖小さじ1

作り方

1.もやしのひげ根をとり除く。

2.鍋に2リットルほど湯を沸かし、
沸騰直前になったらレモン汁(20ml)を入れて、もやしを1分間ゆで、ザルで湯をきり冷ます。

3.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、粗熱が取れた②をあえ、器に盛ればできあがり!

シャキシャキもやしのふんわり卵のスープのレシピ

材料(2人分)

もやし 1/2袋分(およそ100g)
にんじん 1/4本分(およそ⑮g)
しいたけ 1枚
溶き卵 1個分
水 400ml

(A)
鶏ガラスープの素(粉末)小さじ1
しょうゆ 小さじ1
オイスターソース 小さじ1
レモン汁 小さじ1
かたくり粉 小さじ1
ごま油 小さじ1
小ねぎ(小口切り)適量

作り方

1.もやしのひげ根をとり除き、にんじんをせん切り、しいたけを薄切りにする。

2.鍋に水・にんじん・しいたけを入れて中火にかける。

3.沸騰直前に(A)ともやしを入れて3分間ゆで、火が通ってきたら水溶きかたくり粉でとろみをつける。

4.煮立ったら、溶き卵を箸でつたうように回し入れ、ごま油を加えて火を止める。

5.器に盛りつけ小ネギをのせてできあがり!

レモン果汁で野菜がシャキシャキになる理由

野菜のかたさは組織細胞どうしをつなぎ合わせている
ペクチンという成分の状態により変化します。

ペクチンは野菜の温度が60度ぐらいになったとき細胞どうしをかたく結び付け
シャキシャキの食感を生み出します。

しかし、80度を超えると今度はペクチンがやわらかくなり細胞が離れるため
食感がふにゃふにゃになってしまいます。

ところが、お湯の分量に対してたった1%のレモン果汁を加えるだけで
果汁に含まれるクエン酸の効果で細胞が結び付いた状態を維持しやすくなり
シャキシャキな食感が保たれるのです。

レモンを使ったレシピ

【あさイチ】豚のしょうが焼きのレシピ!レモンで減塩

【あさイチ】レモン汁で濃厚クリームパスタのレシピ!

【あさイチ】シャキシャキもやしのごまあえ&ふんわり卵のスープのレシピ!レモン汁で

【あさイチ】レモンスカッシュのレシピ!x切りでおいしさアップ

まとめ

NHK「あさイチ」より

料理家 柴田真希さんのシャキシャキもやしのごまあえ&シャキシャキもやしのふんわり卵のスープのレシピを紹介しました。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク