野球、グローブ、ボール

2021年10月7日放送の「あさイチ」の
おでかけLIVE「作り続けて100年 手つくりグローブ~奈良県三宅町~」

吉川清商店さんのオーダーメイド手つくりグローブのお取り寄せの紹介です!

スポンサードリンク

手つくりグローブのお取り寄せ

オーダーメイドのグローブを作っています。

三宅町は奈良県でいちばん面積が小さい町ですがなんと18軒ものグローブ工房があるとのこと。

プロ野球選手の中にもこの三宅町のグローブを愛用している人が多いのだそうです。

グローブは牛の革でできています。

吉川清商店は創業69年。
5人の職人さんたちが年間およそ500個のオーダーメードのグローブを作っています。

オーダーメードのよさは色や形、モデルが決められるのはもちろんのことですが
手にフィットするグローブを目指して作っているとのこと。

そのために注文を受けるときオーダーシートを作るのですが
たくさんの希望をかなえるためにいろいろな項目があります。

例えば指の長さの調整という箇所ではミリ単位で希望を聞いていきます。

お客様一人一人に職人がヒアリングをして微調整しています。

このオーダーシートをもとに1人の職人が最初から最後まで
すべての工程を責任を持って担当するのも特徴とのことです。

お取り寄せはこちらからどうぞ↓
三宅町ふるさと納税特設サイト

まとめ

NHKあさイチの放送より

奈良県三宅町吉川清商店のオーダーメイド手つくりグローブの紹介をしました。
ぜひ参考にしてみてください。