薬、薬局、くすり

2021年10月10日に放送された「マツコ会議」

サッカー日本代表からウンチビジネスで起業の鈴木啓太さんのサプリなどの紹介!

サッカー日本代表からウンチビジネスで起業の鈴木啓太さん

元サッカー日本代表の鈴木啓太は18歳で浦和レッズに入団。
MFとして25歳の時、日本代表として初選出し黄金世代と共に活躍。

28歳の時、浦和レッズのキャプテンに就任し、私生活では畑野ひろ子さんと結婚。

度重なる負傷で34歳のとき引退しました。

その後、起業家に転身。

アスリートたちのうんちを研究しサプリや食材を開発。
ラグビー日本代表の松島幸太朗選手をはじめ750人以上のアスリートから採取し話題に。

鈴木さんのお母さんは調理師で、幼少期から「人間は腸が一番大事」と育てられてきました。

そして、現役引退直前にうんちの記録アプリを作っている人がいると聞き
会いに行ったことがうんちビジネスのきっかけだとのこと。

現在、大学教授や企業と一緒に研究をしているのだそうです。
最初の4年間は研究をし、第5期からはサプリメントやプロテイン、
食品関係の販売で収益を得ているとのこと。

一般の人とアスリートと大きく違うところは2つあり、
アスリートは菌の多様性が高く、酪酸菌が一般の人と比べ2倍近く多いとのことです。

AuB BASE オーブベース

30種類の菌を独自配合したアスリート・ビオ/ミックス。

スポンサードリンク

サッカー元日本代表の鈴木啓太さんが創業した、
アスリートの腸内環境の解析を手掛けるスタートアップ企業AuB(オーブ)は、
1000 検体以上のアスリートの便(データ)から、アスリート特有の腸内環境を、4 年間かけて発見。

日ごろから運動と食事に気を遣うアスリートの、腸に棲む菌の種類や割合の傾向を突き止め、
それらの菌で構成する独自の腸内細菌素材「アスリート菌ミックス」を開発。

>>AuB BASE オーブベース 90粒 (30日分) アスリートの力を自分の生活に!

詳細はこちらをどうぞ↓
【公式】AuB STORE(オーブストア)|アスリートのデータで、日常を変える – AuB STORE JP

まとめ

日本テレビマツコ会議の放送より

サッカー日本代表からウンチビジネスで起業の鈴木啓太さん開発のサプリなどを紹介しました。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク