【林先生の初耳学】小顔や前髪で若く見える髪形のテクニック

小顔に見えたり若く見える髪形

2016年5月22日放送の「林先生の初耳学」の中の
小顔に見えたり若く見える髪形のテクニック」が
とりあげられました。

教えてくださるのはスタイリストの高橋和義さん。

スポンサードリンク

小顔に見えたり若く見える髪形のテクニック

アナタの顔が小顔に見えたり若く見える髪形のテクニック。

それを提唱するのは紗栄子さんなどのスタイリングを担当する
高橋和義さん。

髪形のテクニック
1.小顔に見せる
2.前髪の分け目の向きで若くみられる

小顔に見せる

髪の毛で菱形を作ることで
あごがシャープに見えます。

これはあごの形をひし形にすることで小顔効果が。
これは実は目の錯覚の“錯視”を利用したもの。

菱形で小顔

黒いひし形の大きさは同じ大きさ。
右の方の黒いひし形のほうが小さく見えますね。

目の錯覚の“錯視”

その原理を利用して小顔に見せているのです。

これは多くのヘアスタイルに利用されています。

ロングヘアなどにも応用することができます。

スポンサードリンク

ヘアスタイルをひし形を意識するだけで小顔効果が生み出されます

前髪の分け目の向きで若くみられる

ポイントは人の顔は左右非対称だということ。

左右どちらをみせるかによって
若返ったり逆に老け顔に見られたりするのです。

ヘアスタイリストの高橋さんによると

「人の顔は左右対称ではないので
右側の頬骨と口角が上がっている人は
右側に分け目をつけると若く見えるようになります。」

頬骨と口角が上がっているほうに
分け目を付けると若く見える。

人の表情は目じり、頬骨、口角が上がっていると
引き締まった若々しい印象を与えます。

それに対し下がっていると老けた印象を
与えてしまうのです。

【右側の頬骨と口角が上がっているのに分け目が逆の左になっている↓】
前髪の分け目で小顔

そこで、頬骨と口角が上がっているほう
に分け目をつけよりそのことを目立たせることで
若々しい印象に見せることができるのです。

前髪の分け目

感想

なるほど!っていう感じですね。

小顔の関連記事です↓
【林先生の初耳学】足を組むと顔デカに!骨盤のゆがみ改善体操で小顔に

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ