【得する人損する人】家事えもん流から揚げのレシピ!冷めてもサクサク&ジュージー

家事えもんから揚げ

2016年8月11日に放送された「あのニュースで
得する人損する人」の家事えもん流から揚げ。

ブライン液、ネギ、コーンフレークを使って
冷めてもサクサク&ジュージーなから揚げの作り方を紹介!

スポンサードリンク

家事えもん流から揚げのレシピ

家事えもんから揚げ


【事えもん流から揚げの作り方】

『材料』
鶏もも肉→400g
長ネギ(青い部分)→ 1本
卵→ 1個
コーンフレーク→ 100g

(ブライン液)
水→ 100cc
砂糖・塩→ 5g

(下味)
めんつゆ→ 大さじ3
みりん→ 大さじ1
しょうがチューブ→ 大さじ1

『作り方』
1.鶏もも肉を柔らかくするために、
フォークで刺し もも肉を一口大(4~5cm)に切る。

切る大きさはは小さすぎても火が入りすぎて固くなリ、
大きすぎても、なかなか火が入らないため4~5cmがよい

4.ブライン液にお肉をつけて、
水分を含ませてジューシーに仕上げる

家事えもん流かけ算①
鶏もも肉×ブライン液

※ブライン液に入っている、砂糖には鶏肉のたんぱく質と
水分を結び付け、鶏肉をジューシーにする効果がある。

さらに塩は、鶏肉の表面をかためる効果があるため、
砂糖の効果でジューシーになった肉汁を閉じ込めてくれる。

このブライン液は鶏肉だけでなく牛肉や豚肉にも応用可能!

スポンサードリンク

3.ネギは1度縦切りにし1cm幅で切り、
鶏肉とブライン液が入った袋に入れ
冷蔵庫で15分以上寝かせる

【家事えもん流かけ算②
鶏もも肉×長ネギ】

※ネギにはたんぱく質分解酵素が入っているので
お肉がぐんとやわらかくなる

ちなみに玉ねぎや大根、しょうがなどにも
たんぱく質分解酵素が含まれているので
一緒につければ お肉をぐんと柔らかくしてくれる

4.15分寝かせた鶏肉を取り出したら味付け
家事えもんが教える、最強からあげダレの黄金比率は
めんつゆ3、みりん1、しょうがチューブ1
3:1:1の比率

この3つをお肉が入った袋に入れよくもみ込み
再び冷蔵庫で15分寝かせば味付けはできあがり

※この黄金比率を使った最強からあげダレ
鶏の照り焼きや豚の生姜焼きにも応用が可能!

5.コーンフレークを密閉袋に入れ、
ラップの芯などででころころ,
細かく5mmほどの大きさに砕く。

家事えもん流かけ算③
鶏もも肉×コーンフレーク

超サクサク衣に!

6.味付けした鶏肉の余計なタレを捨て、
つなぎの溶き卵を入れる。

鶏肉が薄く卵にコーティングされることによって肉汁が逃げずらくなる

7.卵がついたらコーンフレークが入った袋に入れ
しっかりぎゅっと衣をつけ170℃の油に投入。

この衣だったら1cmぐらいの油でもキレイに上がるため
表面2分そして、ひっくり返して裏面3分揚げればできあがり!

※ブライン液のジューシーさとコーンフレークのサクサクは
冷めてもキープでき、硬くなりにくい為 お弁当にもオススメです

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ