【みんなの家庭の医学】激痛の腰痛が犬を飼うことで奇跡の回復!

腰痛

2016年8月16日放送の「たけしの健康
エンターテインメント!みんなの家庭の医学」は
「治りにくい病から劇的回復!
名医も認める奇跡の回復法SP 」

治療が非常に難しい病を、患者自身や家族が
見つけた独自の方法で克服した人々がいる。
奇跡の回復法の一部始終に迫ります。

謎の腰痛で激痛にでおそわれていた状態から
200段以上ある階段まで
登り切れるようにまで回復した事例を紹介!

スポンサードリンク

椎間板ヘルニアと診断されたが…

腰痛の8割は原因不明で、
多くの人がどんな治療をしても
なかなか治らないというのが現状。

激しい腰痛に悩まされていたという太田さんは
今では腰痛が嘘のような回復ぶりを見せています。

始まりは6年前で、息子さんが実家を離れ、
ご主人と2人での生活を
スタートさせた年でした。

子どもが好きだった太田さんは、
保育園に勤め始めることに。

そんな矢先のこと、子供を
抱きかかえたときに
腰全体にズキンとした痛みが走ったのです。

近所の整形外科でMRI検査を受けると、
「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されました。

ヘルニアとは腰の骨と骨の間で
クッションの役割を果たす軟骨が
外にはみ出し神経を圧迫。
炎症を起こし痛みが発生する病です。

しかし、彼女の腰のMRIを見ても
確かにこの部分少し軟骨がはみ出しているものの
激痛を起こすレベルではなく
医師は湿布で十分対処できると判断したのです。

処方された湿布を貼っても、数日たつと
重い痛みがぶり返しました。

そしてその痛みは腰を中心にジワジワと広がり
むしろ悪化の一途を辿っていったのです。

そこで太田さんは少しでも腰に負担がかからないよう、
学童保育の指導員へ転職。

しかし痛みは悪化。

ある日の朝、目が覚めると腰だけでなく
お尻の奥の方に強い痛みが走ったのです。

気づけば足全体にも激痛が走り
立ち上がることすらできませんでした。

足の間隔が戻るまで
40分ぐらい時間がかかったのです。

たまらずいつもの病院を訪ねそのことを告げても、
医師から返ってきたのは「ゆっくり治して行きましょう」
という答えだけだった。

太田さんは自分で腰痛の改善法を探ろうと一念発起。

腰に良いと言われることを徹底的に始めた。
水中ウォーキングや整体マッサージなどを行ったが、
どれも効果は一時的なもの。
すぐに痛みがぶり返してきた。

そして学童保育の仕事中、
遊び半分で子どもが飛びかかってきたことをきっかけに、
下半身全体に今まで感じたことのない
強い痛みが走ったのです。

それは骨から筋肉が引きちぎられるような激痛。
これを堺に、太田さんは自由に歩けなくなり、
ほぼ寝たきり状態にまでおちいったのです。

それでもあきらめず本屋やネットで
情報を探したのです。

スポンサードリンク

激痛の腰痛からの回復

そして回復のきっかけになったのは
理学療法士との何気ない会話でした。

理学療法士が「家で無理されていませんか?
こちらに来る度に筋肉が固くなっているんです。」
といったのです。

太田さんはネットで筋肉の痛みについて調べると、

戸澤洋二さんという男性の腰痛克服体験談に
出会ったのです。

戸澤さんは、ラジコンを操縦する事で
しつこい腰痛が改善したという。

戸澤さんによると、
原因不明の腰痛を抱える多くの人は
本人が思う以上に痛みにとらわれ過ぎており、
痛み以外の事を考えられなくなっているという。

そこで注射で痛みを軽減しながら
夢中になれる楽しい事をすると、
やがて脳が痛みを感じにくくなるというのです。

戸澤さんの場合、
夢中になれる楽しい事がラジコンの操縦だったのです。

そしてラジコンに代わる夢中になれる楽しい事を
パソコンで探していると、子犬の映像に出会った。

もともと犬好きのご主人と
いつかは犬を飼おうと約束していた太田さん。

その子犬の映像に運命を感じた太田さんは、
映像の子犬の飼い主に連絡し、
子犬を一匹譲り受けたのです。

その子犬は少し病弱で、
つきっきりで世話をしていると、
腰痛を忘れている自分がいたという。

最初は散歩の時も杖をつかなければ歩けなかったのが
1年後には杖なしで歩けるようになり、
みるみるうちに腰痛が改善され
生活に支障がないほど回復したのです。

走る事も全く問題ありません
200段以上ある階段まで
登り切れるようになりました。

果たして医学的な観点から見てみると
その奇跡はどのように見えるのでしょうか?

伺ったのは痛み研究のスペシャリスト
東京慈恵会医科大学附属病院の北原雅樹先生。

太田さんの腰痛の回復法について、
北原先生「犬を使って非常に理にかなった行動をしている。
自己治療をしている例。」

北原先生によれば、夢中になれる楽しい事をすれば
脳の意識が楽しい事に集中するため、
それまで脳を支配していた痛みが
忘れ去られていくという。

太田さんの回復法は
理にかなったものだったのです。

ただ、このとき気をつけなればないことは
まず最初に医療機関を受診して、
圧迫骨折や悪性腫瘍など
腰痛の原因がないことを確認してから行うこと。

腰痛改善の共通点とは

ではどんな楽しいことで
腰痛が改善されたのかその実例を紹介。

・旅行
・ハイキング
・ガーデニング
・ヨガ
・水泳

実はこれらの楽しいことには
腰痛改善のきっかけとなる大切な共通点があります。

それは身体を動かす事。

脳が活性化されるので、
脳が痛みを感じにくくなるのだそうです。

身体を動かさないことが好きな場合には、
身体を動かすことを組み合わせると良い。

例えば読書だったら、図書館に行ったり
本屋に行ったりするとよいとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ