【世界の(秘)健康法】ホンヤオ族に学ぶ米のとぎ汁で髪の毛のシャンプー方法

呼吸法の女性

2018年5月13日放送の「ゲンキな国に学べ!
世界の(秘)健康法」

ホンヤオ族の髪の毛がつやつやなのは
米のとぎ汁で洗っているためだった!?

スポンサードリンク

ホンヤオ族の髪の毛

中国のホンヤオ族は
18歳で成人してから髪を切らないのが伝統。

女性最高齢の女性は80歳、
黒髪は183cm。

髪の毛はつやつやで綺麗な黒髪。

黒く長くツヤがあり量の多い髪が
ホンヤオ族の良い女の条件だのこと。

62歳の潘さんの生活に密着。

村の主産業は農業、
1日8時間ほど畑にいて
紫外線にもあたっています。

食生活もごく普通。

しかし、鍋で米のとぎ汁を沸かして冷まし
1週間発酵させたもので髪を洗い、
15分ほど置いて乾かしていました。

男性らは石鹸で洗っており
どちらかといえば薄毛ぎみ。

スポンサードリンク

川崎教授によると、
米のとぎ汁に含まれるポリアミンなどが
キューティクルを保護、
髪の毛を構成するケラチンの合成に
作用し、
発毛に何らかの影響を与えているとのこと。

ホンヤオ族の毛髪を分析

ホンヤオ族の毛髪を分析すると
キューティクルが整っていました。

お米のとぎ汁には
ポリアミンなどの物質が
含まれていました。

皮膚の再生に効果があることから
頭皮にも良い効果があるとのこと。

太くてコシのある髪作りや
キューティクル保護にも効果的。

米のとぎ汁を使ったシャンプー方法

1.1回目のとぎ汁は
不純物が含まれるので捨てて、
2回目のとぎ汁を使用する

2.2回目のとぎ汁で
頭皮を優しく洗い
指の腹でマッサージ

3.5分ほど置きぬるま湯で
しっかり洗い流す

※目安は2~3日に1回
シャンプーの代わりに行うとよい

※使用前に必ずパッチテストを
行うようにします。

※番組で紹介した情報・見解は
あくまでも一説で
真偽を確定するものではないとのことです。




【世界の(秘)健康法】がん予防が期待できるライムとアボガドのレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ