【きょうの料理】栗原はるみの煮豚のレシピ!ほうじ茶と梅干しで

薄切り肉で豚の角煮

2018年5月10日放送の「きょうの料理」は
栗原はるみの楽しい定番ごはん「煮豚 梅風味」。

ここではほうじ茶と梅干しで煮る
煮豚の紹介!

スポンサードリンク

煮豚のレシピ

煮豚&サラダ

ほうじ茶でじっくり煮るので豚肉のくせや
脂っぽさが抜け、
さらに梅干しの酸味も加わり、
すっきりしたおいしさに。

【煮豚のレシピ】

『材料』(4~6人分)
豚肩ロース肉(塊)→1kg

ほうじ茶の葉→2g
※お茶やだし用パック
(不織布タイプ)に入れる。

(A)
酒 →カップ1/4

しょうゆ→大さじ3~4

砂糖→大さじ1



梅干し→2~3コ

フレンチマスタード→適宜

サラダ油→適量

『作り方』
1.鍋にカップ8の湯を沸かして
ほうじ茶の葉を入れ、弱めの中火で
3~5分間煮出して取り出す。

スポンサードリンク

渋みが出るので、
あまり濃くなりすぎないようにします。

2.豚肉は縦半分に切る。
フライパンにサラダ油少々を強火で熱して
豚肉を入れ、4~5分間焼いて
全面に焼き色をつける。

3.②の豚肉を厚手の鍋(直径約22cm)に移し、
①のほうじ茶をかぶるまで加えて火にかけ、
煮立ったらアクを取り除く。

4.(A)と梅干しを加え、紙ぶたをして
中火で1時間10分~1時間20分間煮る。

※鍋の大きさや厚さによって
煮る時間は変わるので
様子をみながら調整します。

落としぶたは、オーブン用の紙を
鍋の口径より少し小さめの円形に切り、
真ん中に穴をあければでき上がり。

さらに上から鍋のふたをして
少し火を弱め、約10分間煮てふっくら仕上げる。

5.煮豚を鍋から取り出し、
ふたをせずに煮汁を約5分間煮詰め、
軽くとろみがついたら火を止める。

6.煮豚を食べやすく切って器に盛り、
煮汁をかける。

好みでフレンチマスタードを添えます。

※保存方法は
煮汁と分け、冷蔵庫で
約3日間保存できます。



【きょうの料理】栗原はるみのコールスローのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ