お好み焼き

2020年4月21日放送の「プロフェッショナル」は
緊急企画!プロのおうちごはん。

伝説の家政婦から一流料理人まで、
日本各地のプロフェッショナルたちが
「自宅でできる簡単・絶品レシピ」を
自撮りで紹介してくれました。

ここではお好み焼き職人 市居馨さんの
キャベツたっぷり
広島お好み焼きのレシピの紹介!

スポンサードリンク

キャベツたっぷり 広島お好み焼きのレシピ

お好み焼き

「いっちゃん」というお店の
お好み焼き職人 市居馨さんのホットプレートでも失敗しないレシピ

『材料』
生地(4~5枚分)

薄力粉 100g

塩 ひとつまみ

牛乳 250ml

卵 1個

具(1枚分)
粉がつお or 魚粉 ひとつまみ

キャベツ 250g

天かす 5g

もやし 40g

豚バラ肉(薄切り)2~3枚


お好み焼きソース 適量

青のり粉 適量

『作り方』
1.ボウルに薄力粉、牛乳を入れて混ぜ、
塩、卵の順に入れ、泡だて器でダマをほぐすように混ぜ合わせ、
30分ほど休ませる。

※牛乳と卵を入れると、生地を伸ばしやすくなり、
作りやすくなる。

2.キャベツの葉を1.2cmに千切り。
芯は約7mmで千切りする。

※柔らかい葉は幅広く、固い芯は少し細めに切り、
焼き上がりの食感を調整する。

スポンサードリンク

3.160℃に温めたホットプレートにサラダ油をひき、
①の生地をおたまで素早く20cmほどに広げ、
粉がつお、または魚粉をふりかける。

※160℃より温度が高いと、生地がうまく伸びない。

4.温度を250℃に設定し、
③の上にキャベツをやさしくふわっと置く。

※ふわっとおいてキャベツとキャベツの間に隙間を作ることで
蒸気の通り道ができ、早く焼ける。

さらにキャベツの甘みが引き出せる。

5.④に天かす、もやし、豚バラ肉などお好みの具をのせ、1分ほど焼く。

※温度がわからないときはは、
空いている場所に水を落とした時、高温ならo.k。

6.ヘラで⑤を盛るときと同じようにやさしく裏返し、
5分ほど焼く。

※押し付けない。
蒸気の通り道を維持するため、できるだけ触らないで待つ。

周りのキャベツが焦げてきたら、
それを生地の下に入れ込むか集めて、
お好み焼きの真下に来るようにする。

7.ヘラの端で生地を上から押して
抵抗感なく下がったら、キャベツが十分に蒸せている目安。

8.ホットプレートの空いているスペースに、
ゆでた中華麺を置きサラダ油を少量たらし、軽く炒める。

9.⑧の上に、⑦のお好み焼きをのせる。

お好み焼き

10.ホットプレートの空いているスペースに卵を割り、
ヘラでお好み焼きと同じ大きさに広げ、お好み焼きをのせ、裏返す。

11.お好み焼き用ソースをかけ、青のり粉をふってできあがり。

スポンサードリンク