スポンサードリンク

SNS,ツイッター、スマホ

2022年9月3日に放送の「世界一受けたい授業」の
噂のヤバい先生File No.9 石森大貴先生

こちらでは石森大貴先生がリリス↓防災アプリNERVなどの紹介です!

スポンサードリンク

石森大貴先生

石森大貴先生はゲヒルン株式会社代表取締役。
宮城県石巻市出身。
10歳からプログラミングを始め、筑波大学在学中の2010年7月、ゲヒルンを設立。

同年、アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズに登場する「特務機関NERV」の名称を用いたTwitterアカウント@UN_NERVを開設。
東日本大震災発生時には、節電を呼びかける「ヤシマ作戦」を展開し、話題に。
2019年9月には、「特務機関NERV防災アプリ」をリリース。

防災アプリNERV

災害発生を日本最速レベルで教えてくれる防災アプリNERVを取材!

特務機関NERV防災アプリは、地震・津波・噴火・特別警報の速報や
土砂災害・洪水害・浸水害の危険度通知といった防災気象情報を、
利用者の現在地や登録地点に基づき最適化して配信するスマートフォン用サービスです。

テレビが緊急地震速報を伝える中、最速とも言われるスピードで速報を発信。
その時間、およそ0.2秒!
現在のダウンロード数は260万!(2022年9月3日現在)

特務機関NERV防災

特務機関NERV防災
開発元:Gehirn Inc.
無料
posted withアプリーチ

スポンサードリンク

まとめ

日本テレビ世界一受けたい授業の放送より
】防災アプリNERV(ネルフ)の紹介をしました。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク