【きょうの料理】栗原はるみのレシピ!おいなりさん(いなり寿司)!春のお弁当

いなり寿司弁当

2018年3月28日放送の「きょうの料理」は
「春のお弁当セレクション」。

ここでは栗原はるみさんのお弁当シリーズで
人気だった「シューマイとおいなりさん弁当」の
おいなりさん(いなり寿司)のレシピを紹介!

スポンサードリンク

おいなりさん(いなり寿司)のレシピ

歯ざわりのいい酢れんこんと
ごまをたっぷり混ぜ込むのがポイント!

【おいなりさん(いなり寿司)のレシピ】

『材料』(16個分)

(すし飯)

米→400ml

(すし酢)
酢→カップ1/2

砂糖→大さじ1~1と1/2

塩→小さじ1

(油揚げ)

油揚げ→8枚

(A)
だし→カップ1

みりん→カップ1/4

しょうゆ→大さじ1と1/2

砂糖→大さじ1

中ざら糖→大さじ1

(B)

だし→カップ1/2

しょうゆ→大さじ2

砂糖→大さじ1

中ざら糖→大さじ1

(酢レンコン)

レンコン→1節(200g)

(C)
酢→大さじ5

砂糖→大さじ2

塩→少々



白ごま→大さじ2



スポンサードリンク



『作り方』

1.お米を炊く
お米は洗ってざるに上げ、15分間くらいおく。
炊飯器の内釜に米を入れ、水カップ2を加えて炊く。

2.すし酢の材料をボウルに合わせ、
砂糖と塩が溶けるまでよく混ぜておく。

3.油揚げを煮る
油揚げは半分に切り、袋状に開く。
フライパンか鍋に湯を沸かして油揚げを入れ、
菜箸で沈め、数回裏返して軽く油を抜く。

4.ざるに上げ、粗熱が取れたら水けを絞る。
(B)は合わせておく。
※手ではさんで軽く押さえる。

5.フライパンに(A)を煮立て、
④の油揚げを数枚ずつ重ねて並べる。

落としぶた(オーブン用の紙を円形に切って
中央に穴をあけたもの)をして、
弱火で約10分間煮る。

6.⑤に(B)を加えたら再び落としぶたをして、
途中裏返しながら、約10分間煮る。

※煮汁を2回に分けて加え、
重なっている順番をかえると味が均一によく入る。

7.煮汁が少なくなったら火を止め、
バットに移して味をなじませる。

※重ねてバットに移す。
煮汁が下に落ちていくので、
途中で上下を返すと味が圴一に。

8.酢れんこんをつくる
れんこんは皮をむき、薄いいちょう形に切って
水にさらし、水けをよくきる。

9.小鍋に(C)を煮立て、⑧を加える。
混ぜながら中火で1~2分間煮て火を止める。
粗熱が取れたら、ざるに上げて汁けをよくきる。

10.仕上げ
炊き上がったご飯をボウルに移し、
②を加え、切るように混ぜる。
粗熱が取れたら、⑨と白ごまを加えて
サックリと混ぜる。

11.⑩を16等分にして軽く握って丸め、
⑦の油揚げに詰める。

好みで野沢菜漬けを添えてもよい。

※端までギュウギュウと詰めずに
少しゆとりをもたせるとよい。




【きょうの料理】栗原はるみのレシピ!シューマイ!春のお弁当

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ