【ソレダメ】納豆キムチチーズ丼のレシピ!乳酸菌の効果的なとり方

ヨーグルト

2018年4月11日放送の「ソレダメ!
~あなたの常識は非常識!?~」。

乳酸菌の効果的なとり方や
納豆キムチチーズ丼のレシピを紹介!

スポンサードリンク

乳酸菌の新常識

今、乳酸菌が大ブーム。

乳酸菌は整腸作用があり
期待できる効果が多い。

今回は後藤利夫先生に
乳酸菌を効果的に正しく取る方法を
教えてもらいます。

最近は機能性ヨーグルトが人気。

R-1乳酸菌→免疫細胞を活性化





ガゼリ菌SP株乳酸菌→内臓脂肪を減らす




スポンサードリンク

PA-3乳酸菌→プリン体を分解し乳酸値を抑える

乳酸菌の効果的な食べ方

乳酸菌の効果を最大限に活かしたい時は
ヨーグルトは食後に食べるとよい。

食前に食べると、空腹時は胃酸が強いので、
乳酸菌は死滅してしまいます。

食後に食べると
生きたまま腸に届く乳酸菌が増加します。

生きている乳酸菌は
悪玉菌を撃退し便秘に効果的。

食べる目安は1日100g。

同じヨーグルトを2週間継続して
食べると自分にあう乳酸菌がわかる。

途中で死んだ乳酸菌も
生きている乳酸菌のエサになるので
体の役に立ちます。

ヨーグルト食べ合わせの新常識

食物繊維を一緒に取ると
乳酸菌がパワーアップします。

食物繊維が効果的に取れるフルーツは
ドライフルーツ。

生よりも食物繊維が多い。
食物繊維をたくさんとると
乳酸菌が増加します。

おすすめはドライブルーベリー。

後藤先生おすすめ乳酸菌レシピは
納豆キムチチーズ丼。

【納豆キムチチーズ丼のレシピ】

『材料』
ごはん
チーズ
キムチ
玉ねぎ
納豆

『作り方』
1.温かいご飯にチーズをかける。

2.キムチ、玉ねぎ、納豆を合わせる。

3.①に②をかけてできあがり。

納豆とキムチを一緒にとることで
乳酸菌が納豆菌をエサに腸内で増殖します。

乳酸菌 意外な働き場所の新常識

腸以外で乳酸菌が活躍する場所があります。
それは口内。

歯周病菌もやっつけてくれるので
歯周病予防などにつながります。

乳酸菌には吸着力があるので、
食後30分経てば歯磨きしても流れません。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ