【主治医が見つかる診療所】かかと落としのやり方!血糖値を下げる

かかと、足、足裏

2018年6月28日放送の「主治医が見つかる診療所」は
最新!血糖値コントロール法!痩せて美肌に若返る

血糖値を下げるかかと落としについて紹介!

スポンサードリンク

血糖値を下げる骨ホルモンとは?

福岡歯科大学の平田雅人先生によると、
血糖値を下げるコツは骨。

骨が分泌する骨ホルモンの
オステオカルシンが、
血糖値を下げるとのこと。

この骨ホルモンは、
血糖値を下げるだけでなく
認知症予防やアンチエイジングなど、
様々な健康効果が報告されているのだそうです。

骨ホルモンは簡単に増やせるといいます。

その方法はかかと落とし。

かかと落としをすると衝撃が骨に伝わり、
その衝撃で骨の新陳代謝が活性化し
骨ホルモンがでます。

平田先生によると
1日1分のかかと落としを
2週間続けてもらったところ、
50代の男女でも2週間で
およそ1.4倍に血中の骨ホルモンが
増加したとのこと。

スポンサードリンク

かかと落としのやり方

【かかと落としのやり方】

1.姿勢を正して つま先立ちになる

2.体重をかかとに伝えるように落とす

1日30回、1分ほどでok

ほかにも、外を歩く時にはなるべくかかとから着地し、
階段を下りる時もかかとから強めに下りると良い。

かかと落としは血糖値を下げるだけでなく、
骨に刺激を与えることで骨も丈夫にします。

しかし、骨ホルモンはすぐに
排出されるため、継続することが
大事だとのことです。






【主治医が見つかる診療所】大豆もやし炊き込みご飯のレシピ!血糖値を上げにくくする

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ