コレステロール改善に究極の「配合だし」のレシピ!:主治医が見つかる診療所

配合だし

2019年10月24日放送の「主治医が見つかる診療所」
芸能人コレステロール&中性脂肪ドッグ

コレステロールを改善することができるという
工藤孝文先生の
究極の「配合だし」のレシピの紹介!

スポンサードリンク

コレステロールを改善する方法

悪玉コレステロールを上げない
理想的な食事と言われるのが、伝統的な和食。

糖尿病内科の工藤孝文先生によると、
コレステロールを改善するには味覚を
変える必要があるとのこと。

外食などで濃い味付けに慣れてしまった味覚を
正常化することで、コレステロールを下げることが
できるといいます。

その方法は、1日1回ダシを飲むだけ。

究極の「配合だし」のレシピ

患者さんに飲んでもらって
成果を出したというダシのレシピ。

配合だし

『材料』
鰹節 30g

煮干し 10g

きざみ昆布 10g
※塩なしのもの

緑茶 5g 

スポンサードリンク

『作り方』
1.中火にかけたフライパンで鰹節と煮干しをからいりする

配合だし

2.①ときざみ昆布と緑茶をミキサーにかけ
パウダー状になればできあがり!

密閉容器に入れれば冷蔵庫で約2週間保存できます。

配合だし

※工藤先生はより風味を出すために、
元の材料から作っていましたが、
鰹節や煮干し、昆布は粉末のものでもo.k。

粉末のものなら混ぜるだけでできます。

※緑茶に含まれる茶カテキンには
悪玉コレステロールの吸収を抑制する効果があると
報告されています。

配合だしの使い方

1日1杯、このだしを小さじ3杯を器に入れ
お湯を注いで飲むだけ。

味覚が狂っている人は最初は薄味に感じても、
3~4日飲み続けるとダシの旨味を
感じられるようになるといいます。

そうすると濃い味付けの食事でなくても
満足できるようになり
結果的にコレステロール値がさがってきます。

究極のダシはコレステロール改善以外にも

工藤孝文先生の患者さんの待鳥さんは
配合ダシを飲むようになってから食生活が変わったそうで、
悪玉コレステロールが半年間で209mg/dLから126mg/dLと改善。

また、63kgあった体重も59kgとマイナス4kgに。

さらに、肌がきれいになったと言われたり、
白髪も少し減ったような感じがするとのことです。

体の内側だけでなく外側にも良い変化があるようです。

究極の配合ダシを料理の味付けに

待鳥さんは、今では配合ダシを飲むだけでなく、
料理の味付けにも使っているそうです。

牛ステーキにダシを大さじ1杯(味付けはだしのみ)

豚肉の野菜炒めにダシを大さじ2杯

野菜サラダにドレッシングがわりにかけて

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ