【あさイチ】タラのレシピ!おいしい焼きダラや万能食材「タラのフレーク」の作り方

クアトロコロッケ

2016年12月13日放送の「あさイチ」の「スゴ技Q」は
「びっくり おいしい!「たら」活用の新常識」

たらをひと手間でおいしくする焼き方や
「たらフレーク」を作って様々な料理のレシピを紹介!

スポンサードリンク

ふっくらジューシーな焼きだらにする方法

パサつきがちな焼きだらをおいしくするために、
生まれたレシピが「オレンジジュース焼き」です。

オレンジジュースはPHが低い酸性の液体なので、
たらを漬けこむと、水素イオンが多くなり、
筋繊維を押し広げます。

そのため、筋繊維のすき間に、
水分をたくさん保つことができ、
ふっくらジューシーになります。

【たらのオレンジジュース焼きのレシピ】

『材料』(2人分)

たら→2切れ

A
酒→100ml
しょうゆ→100ml
みりん→100ml
オレンジジュース→100ml


小麦粉→適量
油→適量

『作り方』
1.ボウルの中にAをすべて入れて、つけ汁を作る。

2.(1)のつけ汁の中にたらの切り身を入れ、
ラップをして冷蔵庫で10分間ほど漬けておく。

3.キッチンペーパーなどで水けをきって、
両面に小麦粉をまぶす。

4.油を熱したフライパンにひき、
片面を中火で7分焼く。

5.ひっくり返して2分焼き、
最後にAのつけ汁を適量まわしかけ、
再び加熱してできあがり!

※加熱しすぎると、水分が抜け出て
パサパサになってしまうので注意。



たらを使った新・万能食材

ポルトガル料理でよく使われるのが
「バカリャウ」と呼ばれる塩漬けの干しだら。

でも、日本では売っているところは少ないのです。

「バカリャウ」のかわりとなる「たらフレーク」の作り方を
たら消費量世界一のポルトガル料理の研究家
栗山真由美さんが教えてくれました。

このたらフレークがあれば、
たらとじゃがいもの卵とじ、グラタン、コロッケ、
かきあげなどのポルトガル料理や
それ以外にも、チャーハンやお茶漬けなど
さまざまな料理に応用ができます。

【バカリャウはネットで売られています↓】



スポンサードリンク



【たらフレークの作り方】

『材料』
甘塩たら→4切れ
酒→大さじ1

『作り方』
1.臭みを抜いた甘塩たらを耐熱皿の上に並べ、
酒を回しかける。

2.軽くラップをして、
600ワットの電子レンジで
6分半~7分加熱する。

3.蒸し汁が出ますが、そのまま浸して冷まします。

蒸し汁には旨みがあるので捨てない

4.粗熱を取ったあと、
皮と骨を除きながら手でほぐせば
「たらフレーク」のできあがり。

保存の目安は冷蔵庫で3日
冷凍庫なら2~3週間です。



たらフレークを使ったレシピ

【たらとじゃがいもの卵とじのレシピ】

『材料』(2人分)
たらフレーク→150g
卵→2個
たまねぎ(うす切り)→1/2個
にんにく(うす切り)→1/2かけ
ポテトチップス→20g
ブラックオリーブ→適量
塩こしょう→適量
オリーブオイル→大さじ1+1/2
パセリ(あれば)→適量

『作り方』
1.たまねぎとにんにくは薄切りにしておく。
卵は溶いて、塩、こしょう少々を振る。

ポテトチップスは1枚を4等分ぐらいに
手でくだいておく。

2.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて、
弱火にかける。

香りがしてきたら、たまねぎを炒める

3.全体にしんなりするまで炒めたら、
たらフレークを加えてざっと混ぜる。

4.さらにポテトチップスを加え、
まんべんなく混ざったら、
フライパンの縁から回し入れるように卵液を加える

5.縁から固まってきたら大きくざっと混ぜ、
卵が好みの固さになるまで炒める

6.塩こしょうで味をととのえ、
ブラックオリーブを加える。
器に盛り、あればパセリを散らせばできあがり。



【たらのマヨネーズグラタンのレシピ】

『材料』(2人分)
たらフレーク→180g
じゃがいも→2個(300g)
たまねぎ(うす切り)→1/4個
にんにく(みじん切り)→1/2かけ
マヨネーズ→大さじ3+2分の1
牛乳→大さじ1
バター→適量
ブラックオリーブ→適量
塩こしょう→適量
パセリ(あれば)→適量
水→適量

『作り方』
1.じゃがいもは皮をむいて4等分に切り、
水にさらしておく。たまねぎはうす切りに、
にんにくははみじん切りにする。

耐熱皿の内側にバターをうすく塗っておく。

2.鍋に水けをきったじゃがいもとたまねぎを入れ、
ひたひたまで水を加える。

強火にかけて沸騰したら、弱火にして、
じゃがいもがやわらかくなるまでゆでる。

3.ざるに上げてまた鍋にもどし、
バター小さじ2とにんにくを入れて全体に混ぜる。

4.じゃがいもをざっくりとつぶし、
塩こしょう少々を振り、なめらかになるまで混ぜる。

5.じゃがいもを耐熱皿に入れて、平らにする。
その上にたらフレークをのせ、こしょう少々をふる。

6.マヨネーズを牛乳を加えてゆるめ、
塩こしょうで味をととのえ、
(5)の上にかける。

7.ブラックオリーブをかざり、余熱したトースターで
8~10分焼く。あればパセリをちぎって散らせばできあがり。



【たらフレークコロッケのレシピ】

『材料』(2人分)
たらフレーク→50g
卵→1個
じゃがいも→1個(200g)
にんにく(みじん切り)→小さじ1/2かけ
たまねぎ(みじん切り)→大さじ1個
パセリ(みじん切り)→100g
かたくり粉→小さじ2分の1
塩こしょう→適量
揚げ油→適量

『作り方』
1.じゃがいもは皮をむいて4等分に切り、
鍋に入れる。ひたひたになるまで水を加え、
水からゆでる。

2.塩ひとつまみを混ぜ、
竹串がすっと通って柔らかくなったら、
ざるに上げる。熱いうちにボウルに移し、つぶす。

3.(2)にたらフレークと
にんにく・たまねぎを混ぜる。

4.(3)にかたくり粉、パセリ、卵を加え、
塩こしょうを振って、まんべんなく混ぜる。

5.ラップをして、揚げる直前まで
冷蔵庫で寝かせておく。

6.揚げ油を170度~180度に熱する。
スプーン2本を使って卵型に成型し、油に落としていく。
揚げ色がついたら引き上げればできあがり。



まとめ

この日のタラの記事↓
【あさイチ】タラの煮崩れ防止、臭みをとる方法!たら鍋の作り方も

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ