【プレバト】プロの野崎洋光さんのおいしい鯛めしのレシピ!梅沢富美男

野崎洋光さんの鯛めしのレシピ

2017年1月5日放送の「プレバト才能ランキング」の中の
「縁起モノ和食」

料理自慢の芸能人が挑みます。

梅沢富美男さんの鯛めしは最下位に。

ここでは ミシュラン二つ星の「分とく山」
野崎洋光さんの鯛めしのおいしい作り方を紹介!

スポンサードリンク

査定は「分とく山」野崎洋光先生

芸能人の作った料理を査定したのは
ミシュランガイド二つ星の「分とく山」
総料理長、野崎洋光さん。

査定ポイントは
・縁起物の素材の味を生かせているか
・味のバランスがとれているか
・めでたい料理か

の3つ。



梅沢富美男さんの「鯛めし」

梅沢富美男さんは
米は土鍋で炊き、途中で焼き目をつけた鯛を1匹乗せ、
炊き上げます。

炊けたら骨と皮をすべて取り除き、よく混ぜたら完成。

2杯目はダシ茶漬けとして食べられるように工夫。

野崎洋光先生は試食して「鯛めしは鯛が大事じゃない。
お米が大事。
お米がベチャっとしている、
鯛をまるごと一匹入れて炊くと失敗する。
ご飯をだめにしちゃった。

ダシも入れないで水だけで良い。
だしが濃い。」と指摘。

鯛を一匹入れて炊くと鯛の重みで
お米が対流せず、上手に炊けないのだそう。

見た目の派手さよりも
ご飯のおいしさが大事とのこと。

梅沢さんは最下位に・・・。
ということで先生のお手本レシピを紹介します。


スポンサードリンク



プロ直伝!美味しい鯛めしの作り方

【美味しい鯛めしのレシピ】

鯛は切り身をのせて炊く!

『材料』

鯛の切り身→ 1尾

米→ 450g(3合)

水→ 450ml

薄口しょうゆ→ 45ml

酒→ 45ml

三つ葉→ 適量

『作り方』

1.米を土鍋に入れ、水、しょうゆ、酒を加え
一煮立ちさせる

2.①のお米の上に焼いた鯛の切り身を並べる

※切り身でも鯛のおいしさは十分に出る
鯛があってもご飯が対流し、おいしいご飯に

3.ほぐして器に盛るが、
切り身を1つほぐさずに
上にのせればアクセントに。

刻んだ三つ葉を散らせばできあがり!


まとめ

この日の「縁起モノ和食」のレシピ↓

【プレバト】野崎洋光さんのプロの煮魚のレシピ!金目鯛の煮付け

【プレバト】ミシュラン二つ星野崎洋光のだしのとり方!ロバート馬場の明石焼きのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ